お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Office 365 from NTT Communications」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

よくあるご質問

【Office 365 from NTT Communications】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

21~30件目/112件

削除したユーザーのメールデータの復元方法について教えてください。

削除済ユーザーを復元した後にメールデータを復元する方法については以下の手順となります。
Web版のOutlookとOutlookにて手順方法が一部異なりますのでご注意ください。

※前提条件として、削除済ユーザーを復元する必要があります
 削除済ユーザーを復元する方法については、別のよくあるご質問をご参照ください。
 ■削除したユーザーのデータの復元方法について教えてください。

・Web版のOutlookの場合
 詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
 ■Outlook Web App で削除済みのアイテムやメールを復元する

・Outlookの場合
 ※Outlook のバージョンによっては [削除済みアイテム]が[ゴミ箱]という表記になっている可能性があります。
 詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
 ■Windows 版 Outlook で削除済みのアイテムを復元する

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18558
削除したユーザーのデータの復元方法について教えてください。

削除済みユーザーの復元方法については以下の手順となります。

<削除したユーザの復元方法>
 1.Office 365のオンラインサイト<https://portal.office.com/>に
管理権限を持ったユーザーでログインする。
 2.タイルの中もしくは、左上のアプリ起動ツールより、
Microsoft 365 管理センターを選択し[ユーザー]をクリック。
   表示されたメニューの中から[削除済みのユーザー]をクリック。
 3.復元したいユーザー名の左側にあるチェックボックスをクリック。
 4.画面上部の復元をクリック。
 ※この時、パスワードの再設定画面が表示されますので任意
もしくは自動生成のパスワード設定を行ってください。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18557
メッセージ追跡におけるメール情報の取得日数について知りたいです。

まずはじめに、メール情報の取得については、
管理者権限ユーザがExchange 管理センター (EAC) にて
メッセージの追跡を実行することで情報の取得が可能です。
メッセージ追跡の方法につきましては弊社お客様サポート内の別のよくあるご質問、
もしくはMicrosoft社のサポートサイトにてご案内しておりますので、そちらをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

その際の注意事項として、Exchange Onlineのメッセージ追跡にて
追跡可能なメール情報は過去90日までのデータとなります。
こちらはMicrosoft社の規定となっており変更は出来ません。
90日より前のメール情報については、照会期間の指定含め選択は可能です。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18555
2段階認証(多要素認証)を有効にする手順を知りたいです。

2段階認証(多要素認証)を有効にする手順は以下となります。

1.Office 365 に管理者としてログインし、[管理者]を選択します。
2.[ユーザー]から[アクティブなユーザー]を選択します。
3.該当のユーザーのチェックボックスをオンにし、[多要素認証の管理]を選択します。
4.[多要素認証]の画面が表示されますので、該当のユーザーのチェックボックスをオンにし、
 [有効にする]を選択します。
5.[多要素認証を有効にする方法の概要]の画面が表示されますので、
 [multi-factor authを有効にする]を選択すると、「更新が正常に完了しました」と表示されます。
6.Office365に再度ログインをしていただくと、[今すぐセットアップ]ボタンが表示されますので、
 そのボタンを選択します。
7.[追加のセキュリティ確認]画面が表示されますので、多要素認証の手段をお選びいただき
 手順に沿って進めていくことで多要素認証の設定完了です。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18550
Windows10端末でコントロールパネルからメールの設定またはアカウント設定変更を行おうとしましたが、Mailの項目が表示されません。

まず初めにメールソフトのインストール完了可否をご確認ください。
PC購入時に標準機能としてメールソフトがインストールされている場合には
改めてインストールする必要はございません。

Windows10端末でコントロールパネル内にMailの項目が表示されない事象について、
コントロールパネル内にMailの項目表示を行うことは出来ませんが、
以下の3つの方法にて同様の機能利用が可能となります。
以下の手順によっては、ご利用のOutlookの種類により操作手順が異なりますのでご注意ください。

●任意の場所にMail項目のショートカットを作成する
<手順>
1. ショートカットを作成する、任意の場所を表示します。(ex.デスクトップやエクスプローラー等)
2. 右クリックをし、新規作成>ショートカットを押下します。
3. 表示されたポップアップ内の「項目の場所を入力してください」に
 「C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16\MLCFG32.CPL」を入力後、
 「次へ」を押下します。  
4. 画面遷移後、「このショートカットの名前を入力してください」と表示されますので
  任意の名称を入力し「完了」を押下します。

●Web版のOutlookをご利用の場合
 1.[スタート]メニューをクリックし[メール]を選択しアプリを開く。
 2.[アカウントの追加]をクリックします。
 3.アカウントの選択から[Exchange]を選択します。
 4.メールアドレス、パスワード等、必要な情報を入力してアカウントの設定を行います。
詳細につきましては、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
 ■Outlook on the web のアーカイブ、一括処理、その他のツールで受信トレイを整理する

●Outlookをご利用の場合
 1.Outlookを起動し[ファイル]>[情報]>[アカウント設定]
  >[アカウント設定(A)] の順にクリックします。
 2.アカウント設定のウィンドウが表示されましたら[新規(N)]をクリックします。
  ※変更の場合は[変更(A)]をクリックします。
 3.メールアドレス、パスワード等、必要な情報を入力してアカウントの設定を行います。
詳細につきましては、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
 ■メール アカウントを Outlook に追加する

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18547
Web版のOutlook/Outlookで一定期間経過したアイテムを整理したいです。

一定期間経過したアイテムを移動させる場合、
Web版のOutlook、Outlookにて手順が異なりますのでご注意ください。
また、Outlookでは自動もしくは手動で移動させることが可能です。

●Web版のOutlook
 行いたい動作に伴い、手順が異なります。
 詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
  ■Outlook on the web のアーカイブ、一括処理、その他のツールで受信トレイを整理する

●Outlookの場合
<自動でアイテムを移動させる場合>
 1.[ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。
 2.[古いアイテムの整理] で、[自動整理の設定] をクリックします。
 3.[次の間隔で古いアイテムの整理を行う (日数)] チェックボックスをオンにし、
  自動整理を実行する間隔を指定します。
 (必要に応じて、その他のオプションも選択します。
  例えば、古いアイテムを整理するのではなく削除するように設定することもできます)
 ※アイテムを整理して保存する自動整理の実行頻度、
  およびアイテムが整理されるまでの経過期間はユーザーが変更できます。
 詳細につきましては、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
  ■古いアイテムを自動的に整理する

<手動でアイテムを移動させる場合>
 1.ご利用のバージョンにより、手順が異なりますのでご注意ください。
  ・Outlook 2013: [ファイル]>[情報]>[クリーンアップツール]
          >[アーカイブ] の順にクリックします。
  ・Outlook 2016: [ファイル]>[情報]>[ツール]>
          [古いアイテムのクリーンアップ] の順にクリックします。
 2.[このフォルダーとすべてのサブフォルダーのアイテムを整理する] をクリックし、
  整理するフォルダーをクリックします。
 3.[以下の日付より古いアイテムを対象とする] で、日付を入力します。
 4.[OK] をクリックします。
 詳細につきましては、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
  ■アイテムを手動で整理する

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18545
共有メールボックスへメンバーを追加したいです。

まず初めに、こちらの作業は管理者ユーザー権限にてご対応ください。

共有メールボックスへメンバーを追加する詳細な手順につきましては、
Microsoft社のサポートサイトにてご案内しておりますのでご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

また、共有メールボックスへメンバーを追加するにあたり、
メンバー検索を行った際、[ユーザーアカウント名]もしくは[表示名]を
前方一致で該当したものを表示するため、メンバー検索を
[ドメイン名]単位で検索する機能はございませんのでご了承ください。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18543
Office365 に登録している1つのメールアドレスを複数人で使いたいです。

登録済みの 1つのメールアドレスを複数人にて共用で利用したい場合には、
共有メールボックスという機能の利用をすることで可能となります。
ですが、処理が正常に実施されない可能性も考慮し、
サーバー負荷の軽減を目的として利用者毎に1つのメールアドレスの利用を推奨しております。
お客様の運用状況に応じて、機能利用をご検討ください。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18375
パスワードの有効期限を変更したいです。

パスワードの有効期限の変更は、管理者アカウントのみでの対応となります。
手順については、Microsoft社のサポートサイトにてご案内しておりますのでご参照ください。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18373
Office365で、特定のアプリケーションだけをインストールしたいです。

Office365で、特定のアプリケーションだけをインストールすることは可能ですが、
Office製品のご提供の仕様がパッケージ製品であること、技術的にハイレベルな内容であることから
作業の際には慎重にご検討ください。

<この操作を行うことにより意図しないトラブルが発生する可能性がございますので
慎重に作業されますよう、ご検討ください。>

Office365で、特定のアプリケーションだけをインストールする手順は以下となります。
Microsoft社のサポートサイト内の以下目次の記事の内容をご参照ください。
■Office 展開ツールのオプションの構成
■Office 展開ツールの概要内の、
 ・Office 365 ProPlus アプリケーションをクライアント コンピューターから除外または削除する
 ・Office 365 ProPlus やその他のアプリケーションをインストールする際に OneDrive を除外する

Office展開ツール(ODT)を用いた Office のインストール手順に沿って、
ExcludeApp 要素もしくはRemove 要素を利用することにより、
特定のアプリケーションをインストールしない、もしくは除外することが出来ます。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

18370

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

よくあるご質問一覧

テーマから探す
商品内容、ご利用方法について
ご契約について
料金、ご請求について
その他

このページのトップへ

^/[a-zA-Z0-9\.\-\_].*/(faq|download)/paging.* .*