サービス名から探す : Microsoft 365 from NTT Communicationsに関するよくあるご質問

ご質問

Web版Microsoft365でWeb版OutlookのOffice添付ファイルを開きたいです。

回答

本FAQは、弊社の新設youtubeアカウントへ【Tips】動画として掲載しております。

実際の設定画面をご覧いただきながら操作可能ですので、宜しければそちらも併せてご利用ください。

本FAQ以外にも、多くの動画コンテンツをご用意しております。ぜひご活用ください。

はじめに

Web版Microsoft365でWeb版Outlookの添付ファイルを開く方法ですが、添付ファイルが圧縮されている場合、一度PCにダウンロードし展開後、OneDrive for businessにアップロードが必要になります。 

下記に添付ファイルが非圧縮ファイルを開く場合と圧縮フォルダーを開く場合の操作手順の一例を記載いたしますのでご確認の上、操作をお願いいたします。

※迷惑メールの添付ファイルを開く/保存いたしますと、セキュリティ的な問題が発生する可能性がございます。送信元の不明なメールの場合はご注意ください。

非圧縮の添付ファイルを開く場合

<https://www.office.com/>から開くWeb版Outlookに届いたメールの非圧縮添付ファイルを開く方法は3つございます。

  • 添付ファイル名をクリックしてプレビューで開く
  • 「OneDrive(OneDrive for Business)に保存」して開く
  • 「ブラウザーで編集」でブラウザー上に呼び出して開く (編集の都度、自動でOneDrive for Businessに保存されます。メールについている元の添付ファイルは編集されません)

本FAQでは、上記の「OneDrive(OneDrive for Business)に保存」して開く操作手順をご案内いたします。

1.該当のメール内の添付ファイル名横にある下向き矢印マークをクリック。

2.操作一覧から「OneDriveに保存」をクリック。

3.保存されます。

4.Web版OneDriveを開くため、左上の「アプリ起動ツール(9つの点)」をクリックして「OneDrive」をクリック。

5.「自分のファイル」-「添付ファイル」フォルダーをクリック。

6.保存した添付ファイルの名前をクリックして開き、閲覧・修正します。

圧縮フォルダー(例:ZIPフォルダー)をWindows10にダウンロード後、展開してアップロードして開く場合

今回は、添付圧縮フォルダーの例としてZIPフォルダーをPCで解凍して、OneDrive for business にアップロードする方法をご案内いたします。

ZIPフォルダーの解答の仕方は、2つございます。

1.PCにダウンロード後に、ZIPフォルダーを右クリックして「すべて展開」をして解凍する

2.PCにダウンロード後に、開くフォルダー、または中のファイルをデスクトップなど、PCの他のフォルダーに移動する(ダウンロードフォルダーから移動する事で解凍する)

※必ず、どちらかの方法でPC上で解凍してからアップロードしてください。圧縮したままでは、中身が暗号化されていて読めません。

ZIPフォルダーの解凍方法については、下記関連リンクもご参照ください。

本FAQでは、1の方法で解凍しOneDrive for business にアップロードする方法をご案内いたします。

1.Web版Outlookの該当メール内、添付フォルダー名の横にある下向き矢印マークをクリック。

2.操作一覧から「ダウンロード」をクリック。

3.画面右上に「ダウンロード画面」が表示されるので、ダウンロードしたフォルダー名の下の青文字「ファイルを開く」をクリック。

4.PCの「ダウンロード先のフォルダー」が開き、「ダウンロードしたフォルダーの中身」が見えます(まだ、この状態では圧縮されたままです)。

5.展開をするため、一つ上のフォルダーに戻ります。

6.「ダウンロードした圧縮フォルダー」を右クリック、「すべて展開」をクリック。

7.「展開先の選択とファイルの展開」画面が表示され、「ファイルを下のフォルダーに展開する」にダウンロードした「フォルダー名」・「保存場所(ダウンロード先)」が入っているのを確認し、「展開」をクリック(パスワードがかかっている場合は解除してください)。

8.展開したフォルダーをダブルクリックで開いていくと、PCでもファイルが開けます。※ファイルに対応しているアプリが必要です。

9.Web版OneDriveにアップロードをするため、<https://www.office.com/>の左上の「アプリ起動ツール(9つの点)」をクリックして「OneDrive」をクリック。

 10.OneDriveが開いたら「自分のファイル」‐「添付ファイル」の「アップロード」をクリックして「フォルダー」をクリック。

 ※稀にフォルダー内のファイル数が多い場合に、中身のアップロードに失敗する場合がございます。その場合は、数回に分けてアップロード願います。

  また、個別に「自分のファイル」‐「添付ファイル」-「アップロード」-「ファイル」を選んでファイルをアップロードしていただいても問題はありません。

11.「アップロードするフォルダーを選択してください」の画面でPCで先ほどダウンロードし展開した該当のフォルダーを選択します。「展開した添付フォルダー」-「アップロードの対象フォルダー」を選択して「アップロード」をクリック。

12.複数個のファイルがアップロードするフォルダー内にある場合は「〇個のファイルをアップロードしますか?」と聞かれるので、問題なければ「アップロード」をクリック。

13.OneDriveにフォルダーがアップロードされました。

14.アップロードしたフォルダーをクリックして、中にあるファイル名をクリックするとweb版のMicrosoft365でファイルが開けます。

本FAQについて何かご不明点がございましたら、弊社技術担当窓口へ詳細な内容をお問い合わせください。

アンケートにご協力をお願いします

「疑問・問題は解決しましたか?」

アンケートのご協力ありがとうございました

アンケートの送信中にエラーが発生しました。しばらくしてから再度やり直してください。