お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる


サーバーのメールを残す/消す

Thunderbird 78 - Windows

WindowsのThunderbird 78で、OCNのサーバーにメールを残すかどうか設定する方法をご案内します。

  • このメールソフトに設定しているアカウントを削除すると、受信したメールなどのデータが削除されてしまいますのでご注意ください。

STEP
1/4

[Thunderbird]を起動します。

次へ

STEP
2/4

メールボックス画面が表示されます。
画面右上の[メニュー]-[アカウント設定]をクリックします。

前へ

次へ

STEP
3/4

[アカウント設定]画面が表示されます。
左メニューの[サーバー設定]を選択します。

前へ

次へ

STEP
4/4

[サーバー設定]画面が表示されます。
以下よりどちらに設定したいか選択してください。

前へ

この設定を行うメリットやデメリット、注意点について詳しくは以下のリンクをご参照ください。

メールをサーバーに残す設定について

メールをサーバーに残す・残す期間を設定する

OCNメール(Webメール)をご利用の場合や、複数の端末でメールを受信したい場合はこちらに設定してください。

STEP
1/1

[サーバー設定]欄の[ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す]を以下の表を参照して設定し、完了です。

前へ

ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す チェックする
ダウンロードしてから[14]日以上経過したメッセージは削除する サーバー上のメールを削除する時期を指定したい場合はチェックし、日数を設定
※メールソフトでメールを受信し、設定した日数の経過後にサーバー上のメールを削除します。
ダウンロードしたメッセージを削除したらサーバーからも削除する メールソフトの[ゴミ箱]からメールを削除したときにサーバー上の同じメールを削除したい場合はチェックする

[ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す]の項目がない場合

メールソフトとサーバーの内容が同期される、IMAP方式での設定になっています。
メールソフトで削除したメールはサーバーからも削除されるため、このページの設定は不要です。

メールをサーバーに残さない

同じメールを何度も受信するなどのトラブルが発生する場合はこちらに設定してください。

※この設定を行うと、サーバーから削除されたメールはOCNメール(Webメール)では確認できなくなります。

STEP
1/1

[サーバー設定]欄の[ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す]のチェックをはずし、完了です。

前へ

[ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す]の項目がない場合

メールソフトとサーバーの内容が同期される、IMAP方式での設定になっています。
メールソフトで削除したメールはサーバーからも削除されるため、このページの設定は不要です。

解決しない場合は、OCNまでお問い合わせください。

お問い合わせ

疑問・問題は解決しましたか?

  • 解決した
  • 解決しなかった
59130

このページのトップへ

.*