• ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Enterprise Cloud for ERP」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

このサービスのお知らせ

【Enterprise Cloud for ERP】に関するサポートのお知らせです。

2018年05月08日 15時00分更新

前のページに戻る

重要

Red Hat Enterprise Linux向けパッケージ配布用サーバー(RHUI)の変更について


お客様各位

平素よりEnterprise Cloud for ERP(以下ECL for ERP)をご利用いただき、誠にありがとうございます。
ECL for ERP のRed Hat Enterprise Linux向けパッケージ配布用サーバー(RHUI)の変更について、
以下の通りお知らせいたします。

■新リポジトリサーバーの提供開始

2018年5月11日より、ECL for ERPの東京DCにおいて、Red Hat Enterprise Linux向けの
新リポジトリサーバー(以下、新サーバー)を提供開始いたします。

現行レポジトリサーバー(以下、現行サーバー)は2018年5月31日をもってサポート終了となり、
それ以降、新規パッケージの取得が不可となります。

現行サーバーのサポート終了までに、お客さまにて、対象となる仮想マシンにおいて、
ゲストOS上で、新サーバーへの切替作業を実施いただく必要があります。
なお、本作業によるOS再起動は不要です(サーバ上のその他プロセスへの影響はありません)。

■対象となる仮想マシン

下記のVMテンプレートを用いて作成された仮想マシンが対象となります。

RHEL_7.2_for_SAPHANA_64_LIC_01

上記VMテンプレートは2018年5月11日に廃止されます。
お客さまBYOLのRed Hat Enterprise Linuxは対象外です。

■新VMテンプレートについて

新サーバーが事前設定された新VMテンプレートを提供します。
新VMテンプレートから作成した仮想マシンでは、新サーバーへの切替作業は不要です。

新VMテンプレート名:RHEL_7.2_for_SAPHANA_64_LIC_02

新VMテンプレートの提供開始日は2018年5月11日です。

■切替作業手順

切替作業手順は2018年5月9日に以下のサイトに掲載致します。

ECL for ERPサポートサイト
https://support.ntt.com/ecl4erp/download/detail/pid2100000hyz

ログインID、パスワードはサービス開通通知書に記載しています。
ご契約者限りのドキュメントとなりますので取り扱いにはご注意頂きますようお願い致します。


今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、
引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。

本掲載内容については、ECL for ERPサポートサイトにも掲載させて頂いております。
併せてご参照下さい。

https://support.ntt.com/ecl4erp/

このページのトップへ

.*