お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる


メールをサーバーに残す設定について

OCNのメールアドレスで、メールをサーバーに残す設定・残さない設定をした場合の、それぞれのメリットとデメリットについてご説明します。

メールをサーバーに残す設定とは?

お客さまあてのメールは、すべてOCNのメールサーバーに届きます。
このメールを「メールソフト(POP設定)を使いお客さまのPCで受信」する場合、メールをサーバーに残すか残さないかを設定できます。

※ 他には「Webメールにログインして見る」や「メールソフト(IMAP設定)でサーバーと同期」という方法があります。

メールソフト(POP設定)で受信

メールソフトやアプリをPOPという方式で設定すると、サーバーのメールをお客さまのPCやスマホにダウンロードして表示します。このときに、メールのコピーをサーバーに残すか残さないかを選択することができます。

メリットとデメリット

メールをサーバーに残す設定・残さない設定には、それぞれメリットとデメリットがあります。
以下をご確認の上、お客さまのご利用に合わせて設定してください。メールソフトごとの設定方法はこちらを参照してください。

メールをサーバーに残す設定

メールソフトの他にWebメールを利用する場合や、自宅のPCとスマホなど、複数の端末でメールを受信したい場合は、メールをサーバーに残す設定にしてください。

メリット

●サーバーのメールを、他の端末でも受信することができる。

デメリット

●定期的にWebメールにログインし、サーバーにあるメールを削除しないと、サーバー容量がいっぱいになって、メールの送受信ができなくなることがある。

メールをサーバーに残さない設定

大量のメールを受信して、サーバーの容量がすぐにいっぱいになる場合や、同じメールを何度も受信してしまうトラブルが起きる場合は、メールをサーバーに残さない設定をおすすめします。

メリット

●メールサーバーの残り容量を気にする必要がない。

デメリット

●Webメールを利用できない。

●最初にPOPで受信した端末以外はメールを受信できない。

参考:POP設定以外の受信方法

サーバーのメールを確認するには、上記の「メールソフト(POP設定)で受信」以外に、
・ Webメールにログインして見る
・ メールソフト(IMAP設定)でサーバーと同期

という方法があります。

Webメールにログインして見る

Webメールは、メールサーバーにあるメールをブラウザーで表示しています。
インターネットに接続できれば、どこからでもメールサーバーに保存されているメールを見ることができます。

メールソフト(IMAP設定)でサーバーと同期

IMAPで設定した場合は、メールソフトやアプリとサーバーの内容が常に同期され、同じ状態に保たれます。例えば、お客さまがIMAP設定のメールソフトで削除したメールは、サーバーからも削除されます。

※IMAPで設定できるメールソフトと、できないメールソフトがあります。

疑問・問題は解決しましたか?

  • 解決した
  • 解決しなかった
55255

このページのトップへ

.*