お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Office 365 from NTT Communications」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

よくあるご質問

【Office 365 from NTT Communications】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

41~50件目/148件

メールヘッダーの表示方法が知りたいです。

メールアイテムからメールヘッダーを取得する方法は、
お使いのOutlookの種類によって異なります。

■PC用Outlookでメールヘッダーを取得する方法
1. メール一覧より該当のメールアイテムをダブルクリック
 (メール閲覧ウインドウが表示される)
2. 画面上部のタブより、[ファイル]を選択
3. [プロパティ]のボタンをクリック
 (プロパティのダイアログが表示される)
4. 下段の[インターネットヘッダー]の枠内に情報が表示される
 (記載されている情報がメールヘッダー情報となる)
5.枠内の情報すべてを選択し、コピーしてメモ帳などに貼り付け保存する
 (以下のショートカットキーも利用可能/手動より正確性が高まる
すべてを選択:Ctrlキーを押しながらAキー
コピーをとる:Ctrlキーを押しながらCキー
貼り付ける:Ctrlキーを押しながらVキー)

■Web版Outlook(OWA) でメールヘッダーを取得する方法
1. メール一覧より該当のメールアイテムをダブルクリックします。
 (メール閲覧ウインドウが表示される)
2. 画面中段の[全員に返信]の右側にあるプルダウン[∨]マーク(その他の処理)をクリック
 (メニューが表示される)
3.メニュー内の[メッセージの詳細の表示]を選択
 ([メッセージの詳細]のポップアップが表示される/記載されている情報がメールヘッダー情報となる)
4. 枠内の情報すべてを選択し、コピーしてメモ帳などに貼り付け保存する
 (以下のショートカットキーも利用可能/手動より正確性が高まる
すべてを選択:Ctrlキーを押しながらAキー
コピーをとる:Ctrlキーを押しながらCキー
貼り付ける:Ctrlキーを押しながらVキー)

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21452
送信したメールを追跡したいです。

Microsoft 365 の管理者機能となるExchange 管理センターの
「メッセージの追跡」にて、該当のメールの各情報を指定することにより、
過去90日間の配送情報を確認することが可能です。
「メッセージの追跡」の詳細手順については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21451
共有メールボックスへメンバーを追加したいです。

まず初めに、こちらの作業は管理者ユーザー権限にてご対応ください。

共有メールボックスへメンバーを追加する詳細な手順につきましては、
Microsoft社のサポートサイトにてご案内しておりますのでご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。

また、共有メールボックスへメンバーを追加するにあたり、
メンバー検索を行った際、[ユーザーアカウント名]もしくは[表示名]を
前方一致で該当したものを表示するため、メンバー検索を
[ドメイン名]単位で検索する機能はございませんのでご了承ください。

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21450
Web版のOutlookの定期的な削除設定を行いたいです。※アイテム保持ポリシーを利用した場合

Web版のOutlookにて定期的な削除設定を行いたい場合、
アイテム保持ポリシーを設定する必要があります。

※以下にご案内する手順より容易に設定を行いたい場合、クリーンアップ機能/ルールを活用する
 例がありますが、一部の限定的な条件に限り設定が可能であるため、該当の条件である場合には
 そちらも合わせてご検討ください。関連リンク内の別のよくあるご質問にてご紹介しております。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
  ■OutlookやWeb版のOutlookにて定期的な削除設定を行いたいです。
   ※クリーンアップ機能/ルールを利用した場合

アイテム保持ポリシーに適用できる保持タグには、以下の 3 種類のタグがあります。
 ・既定ポリシー タグ (DPT)
  →メールボックス全体に適用されるタグ。
   管理者が適用させ、利用者は設定を変更できない。

 ・アイテム保持ポリシー タグ (RPT)
  →指定した既定のフォルダに対して適用されるタグ。
   管理者が適用させ、利用者は設定を変更できない。

 ・個人タグ
  →アイテム、及びユーザーが作成したフォルダに対して手動で適用できるタグ。
   利用者自身で適用させる。

設定方法や詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
 
 ■メッセージング レコード管理
 ■保持タグおよびアイテム保持ポリシー 
 ■アイテム保持ポリシータグをサポートする既定のフォルダー 
   
<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
 また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21448
OneDriveでのファイルの規定の保存場所を特定の保存場所に指定したいです。

OneDriveでのファイルの規定の保存場所を特定の保存場所に指定したい場合、
以下の手順を実施することで変更が可能です。
また、既定のファイルの保存場所を OneDrive に設定していても、ファイルを保存する度に
保存場所を OneDrive およびパソコン上のどちらかに選択することが可能です。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
■Windows 10 は既定で OneDrive にファイルを保存する

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
 また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21444
Microsoft 365 の認証を求められますが原因は何ですか。どうしたらいいですか。

はじめに、Officeアプリケーションのサブスクリプション製品によるライセンスの認証は、
通常端末のログオン時や日次でライセンス認証のためのオンライン通信を実施します。
認証が成功してから30日以上期間が開くと次回の認証成功まで
一部機能のみが使用できる[機能制限モード]に移行します。
[機能制限モード]に移行した後でも、正常にライセンス認証が実施できれば、
再度 Officeアプリケーションを使用いただけます。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
 ■Microsoft 365 Apps for Enterprise のライセンスおよびライセンス認証の概要
  >・Microsoft 365 Apps for Enterprise のライセンス認証 
  ※本ページでは[Microsoft 365 Apps for Enterprise]について記載されておりますが、
   [Microsoft 365 Apps for Business]においても同様の通信を実施しております。

留意事項として、上記以外のタイミングでも
WindowsやOfficeの更新など様々な要因で認証セッションが切断され
再度ライセンス認証を求められる場合がありますので
正常にライセンス認証が行える環境でのご利用を推奨いたします。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21443
OneDriveでファイルやフォルダーを共有したいです。

OneDriveでは、リンクをコピーしてテキストメッセージまたはWebサイトに貼り付けたり
メールでリンクを送ることでファイルを共有することが可能です。

詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
■OneDrive のファイルとフォルダーの共有

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21441
パスワードのリセットを行う際、「このユーザーは削除された可能性があります」と表示されます。

パスワードのリセットを行う際に「このユーザーは削除された可能性があります」と表示される場合、
まず初めに問題の切り分けとして以下をお試しください。

・本事象が発生しているご利用のインターネットブラウザーの
 キャッシュクリアを実施後に該当作業を実施
・本事象が発生しているご利用のインターネットブラウザーにて
 インプライベートブラウザでアクセスして該当の作業を実施
・本事象が発生しているご利用のインターネットブラウザーとは
 異なるインターネットブラウザでアクセスして該当の作業を実施

上記をお試しいただいた結果、「このユーザーは削除された可能性があります」の
エラー画面は表示されず、正常にパスワードリセットが出来た場合、
お客様側でご利用のインターネットブラウザー側に残っていた
キャッシュが事象の原因になっていた可能性があります。

上記をお試しいただいたにもかかわらず、事象の改善に至らない場合、
Powershellを用いたパスワードリセット手順がございますのでお試しください。
※Powershellを初めて利用する場合、導入にあたり別途作業が発生しますので、
 以下のMicrosoft社のサポートサイトを初めにご覧ください。
 ■Microsoft 365 PowerShell の概要

詳細な手順と参考情報については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
 ■Azure Active Directory の PowerShell モジュール
 ■Set-MsolUserPassword

<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21440
予定表に入れている予定を一覧表示できますか。

予定表に入れている予定を一覧表示させる場合、
Outlookでは機能提供しておりますが、Web版のOutlookでは現状機能提供まで至っておりません。
Web版のOutlookに関しましては、代替案をご紹介いたしますのでご参照ください。

・Outlookの場合
 ご利用のOutlookにて予定表の追加を行うことで一覧表示が可能です。
 また、会社や部署など任意のグループ単位で予定表グループを作成することを推奨しております。
 尚、予定表の1度に表示できる最大表示数は予定表グループには関係なく、30件までとなります。

 詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
  ■予定表グループを作成、表示、または削除する

・Web版のOutlookの場合
 表示させたい予定表を追加し、カレンダー表示の際に「分割ビュー」を選択することで
 一覧表示をさせることが可能です。ただし、全てを表示する場合には横方向にスクロールする必要があります。

 詳細については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。
 以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。
  ■Outlook on the web で複数の予定表を使用する
   >・同時に複数の予定表を表示する
   
<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。
 また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21439
ブラウザ上のOneDriveへフォルダをアップロードすることはできますか。

基本的にアップロードは可能ですが、一部のインターネットブラウザではデスクトップ上のフォルダを正常にアップロードすることができない場合がございます。Microsoft社推奨のGoogle ChromeやMicrosoft Edgeなどのインターネットブラウザでお試しください。詳細な手順については、関連リンク内のMicrosoft社のサポートサイトをご参照ください。以下の、<続きを見る>より、関連リンクへお進みいただけます。・OneDrive■ファイルやフォルダーを OneDrive にアップロードして保存する・OneDrive for Business■ファイルやフォルダーを OneDrive for Business にアップロードして保存する※OneDriveとOneDrive for Businessにて手順が異なりますのでご注意ください。<Microsoft社のサポートサイトには、全文が英語表記の場合がございますのでご了承ください。また、ご利用の際は、お手元のブラウザの翻訳機能をご利用いただきますようお願いいたします。>

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

21436

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

^/[a-zA-Z0-9\.\-\_].*/(faq|download)/paging.* .*