お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Bizメール&ウェブ ビジネス(ライト/ベーシック)」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

よくあるご質問

【Bizメール&ウェブ ビジネス(ライト/ベーシック)】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

1~10件目/30件

ユーザー(メールアカウント、メールアドレス)を作りたい

ユーザーID(メールアドレスの@左側)、パスワードは管理者が独自に追加・設定することが可能です。

ユーザー(ユーザーID)の新規作成方法は、以下の手順となります。

【ユーザー新規作成方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2. コントロールパネルの左メニュー[ユーザー]ボタンをクリック後、[新規作成]ボタンをクリックします。




 3. 「ユーザーID」、「氏名」、「パスワード」、「パスワード(確認用)」、「メール権限」を入力し、[保存]ボタンをクリックします。




 4.「ユーザー<ユーザーID> が追加されました。」と表示されましたら完了です。


【注意事項】
ユーザーを削除した場合、該当ユーザーに関するすべての情報(メールやコンテンツ)がサーバーから削除されますので、削除する際は十分にご留意ください。


詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップマニュアルをご参照ください。

 ■セットアップマニュアル 4.2 ユーザー設定(新規/パスワード変更/削除)
 https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd

なお、管理者と利用者の違いについては、
上記の「セットアップマニュアル 4.1.1 管理者と利用者の違い・概念について」をご参照ください。


「メールソフトの設定方法」は以下を参考にしてください。
メールソフトの設定について、詳細はこちら

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23354
WordPressを利用したい

【概要】
WordPressとは、ブログの作成とブログを公開するためのソフトウェアです。
このソフトウェアを使用すると、本サーバーに設定したお客さまドメイン名内にブログを開設することが可能です。

WordPressを使用するには、事前にMySQLのインストール及び起動、パスワード情報が必要です。
MySQLの詳細については、下記をご確認ください。

【よくある質問】
 データベース(MySQL)を使いたい
 https://support.ntt.com/mw-business/faq/detail/pid2300000tpl

WordPressのインストール方法は、以下の手順となります。

【WordPressインストール方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2. コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」より、[追加アプリ]をクリックします。

 3. 「追加アプリ」の画面が表示されましたら、WordPress「操作」欄の[インストール]ボタンをクリックします。

 ※インストールしたWordPressの関連ファイルは~/www/htdocs/wordpress 以下に格納されております。
 https://お客さまのドメイン/wordpress/にアクセスしてご確認ください。


WordPress管理者画面へのログイン方法は、以下の手順となります。

【WordPress ログイン方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2.コントロールパネル左メニュー「アプリケーション」より「追加アプリ」の画面を開き、Wordpress「操作」欄「インストール情報」よりログイン情報を確認します。

 3.初期インストール情報に表示されているURLへアクセスします。(IDとパスワードも記載されております。)

 4.WordPressログイン画面が表示されましたら、ログインIDとパスワードを入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。


【注意事項】
 ・WordPressを新規でインストールする場合は、PHP7.4+MySQL5.7が必須になりますので注意していただくようお願いいたします。

 ・WordPressはインストールまでがサポート対象となっておりますので、インストール後のご利用方法についてはサポート対象外となりますので、ご了承ください。

 ・お客様ドメインでSSL証明書を導入していない場合は、証明書の警告が表示される事があります。

【WordPressホームページURL】
 https://お客さまのドメイン/wordpress/

また、URLの変更(wordpressを表示させたくない)についてはサポート対象外となっておりますので、ご了承ください。
各種サイトや市販本などをご参照ください。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。

■管理者マニュアル 4.2 追加アプリ
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23317
コントロールパネルにログインする方法が知りたい

コントロールパネルとは、ウェブブラウザーから簡単に各機能の設定をすることができるサービス管理ツールです。

管理者IDでコントロールパネルにログインする方法は、以下の手順となります。
1.ブラウザーからコントロールパネルのURLを入力します。
コントロールパネルのURLは、発行された「ご利用内容のご案内」に記載の[コントロールパネルのURL:https://ユーザID(管理者用).bizmw.com/ControlPanel/]を入力します。



2. 「ご利用内容のご案内」に記載のユーザーID(管理者用)とパスワードをログイン画面の「ユーザーID」と「パスワード」欄に入力して、[ログイン]ボタンをクリックします。


ユーザーIDでコントロールパネルにログインする方法は、以下の手順となります。
1.ブラウザーからコントロールパネルのURLを入力します。
コントロールパネルのURLは、発行された「ご利用内容のご案内」に記載の[コントロールパネルのURL:https://ユーザID(管理者用).bizmw.com/ControlPanel/]を入力します。

2. 「ユーザーID」と「パスワード」欄に入力して、[ログイン]ボタンをクリックします。


ユーザーIDを作成する方法については、下記をご参照ください。
ユーザー(メールアカウント、メールアドレス)を作りたい、詳細はこちら


詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップ・利用者マニュアルをご参照ください。
■セットアップマニュアル 2.1.1 コントロールパネルのログイン方法
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd

■利用者マニュアル 2.2.1 コントロールパネルのログイン方法
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wf

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23295
ユーザー(メールアカウント、メールアドレス)のパスワードを変更したい

管理者は、ユーザーのパスワードを変更することができます。
現在のユーザーパスワードを紛失した場合は、管理者にてユーザーのパスワードを変更してください。

管理者がユーザーのパスワード変更する方法は、以下の手順となります。
1. 管理者でコントロールパネルにログインします。
2. コントロールパネルの左メニュー[ユーザー]ボタンをクリック後、パスワードを変更したいユーザーの[設定]ボタンをクリックします。
3. パスワード変更したいユーザーであることを確認し、「パスワード」欄の「新しいパスワード」と「新しいパスワード(確認用)」に任意のパスワードを入力し、[保存]ボタンをクリックします。
4. 「ユーザー<ユーザーID>を編集しました。」と表示されましたら完了です。

ユーザーがパスワード変更する方法は、以下の手順になります。
1. ユーザーでコントロールパネルにログインします。
2. コントロールパネル右上のボタンをクリックし、プルダウンの[パスワード]をクリックします。
3. 「パスワード変更」の画面でパスワード情報を入力し、[保存]ボタンをクリックします。
4. 「パスワードが更新されました。」とメッセージが表示されましたら完了です。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップ、利用者マニュアルをご参照ください。
■セットアップマニュアル 4.2.2 ユーザーのパスワード変更について
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd

■利用者マニュアル 2.5.1 ユーザーパスワード変更方法
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wf

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23282
特定のウェブサイトにアクセス制限をかけたい

【概要】
ホームページにアクセス制限をかけて、パスワードによるユーザー認証をご利用いただけます。
ユーザー認証を行うことで、会員専用のホームページなどを作成することができます。

制限の種類は下記の3種類です。
・ID/パスワードによるユーザー認証
・ID/パスワードによるユーザー認証+二要素認証(ワンタイムパスワード)
・IPアドレス制限(許可/拒否の選択登録)


アクセス制限の設定(ID/パスワードによるユーザー認証)方法は、以下の手順となります。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルの左メニュー「ウェブサーバー」より、[サイトアクセス制限]をクリックします。

3.「ディレクトリ選択」プルダウンより、アクセス制限をかけるディレクトリを選択し、[ユーザー作成]ボタンをクリックします。

4.ユーザーIDとパスワードを入力し、[保存]ボタンをクリックします。

5.「<ユーザーID>が現在のディレクトリに作成されました」とメッセージが表示され、「ユーザーID」欄に作成したユーザーIDが表示されていれば完了です。


【注意事項】
アクセス制限を設定可能な領域は、htdocs 及びhtdocs以下の各サブディレクトリです。

ウェブブラウザで該当ディレクトリのURL にアクセスして、認証画面が表示されますので、正常にログイン出来ることをご確認ください。

ディレクトリ名やファイル名に利用できない文字(日本語等)を設定していた場合、プルダウンに目的のディレクトリ名等が表示されなくなります。
作成規則ににつきましては、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップマニュアルをご参照ください。
■セットアップマニュアル 5.1.2 ホームページ公開ファイルの作成
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd


ID/パスワードによるユーザー認証+二要素認証(ワンタイムパスワード)設定につきましては、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 3.3.3 二要素認証によるWebアクセス設定をする
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we


IPアドレス制限(許可/拒否の選択登録)方法につきましては、
下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 3.3.4 IPアドレス制限の追加
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we


詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 3.3 サイトアクセス制限
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23277
ウェブサイトのバックアップを取りたい

お客さまで作成いただいたウェブコンテンツやCGIスクリプトを管理者が手動でバックアップする「サイトバックアップ」機能がございます。

ウェブコンテンツをバックアップする方法は、以下の手順となります。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルの左メニュー「ウェブサーバー」より、[サイトバックアップ]をクリックします。


3.[バックアップ作成]ボタンをクリックします。


4.バックアップ作成の画面が表示されましたら、バックアップ名を入力して、[作成]ボタンをクリックします。


5.「新しいバックアップが作成されました。」というメッセージが表示されましたら、バックアップは完了です。


【注意事項】
バックアップの対象となるのは、/www/cgi-bin/ と/www/htdocs/ のディレクトリに限定されます。
また、これらのディレクトリ配下に実体が存在するものに限られます。
※バックアップ対象にならない例
・利用者が/users/<ユーザーID>/www/htdocs/<サイト編集権限> にアップロードしたウェブコンテンツ
・「/www/logs/」以下のファイル
・「/www/」直下に格納された設定ファイル

「バックアップ」されたファイルは、ファイルの内容、ファイルのパーミッションが保存されます。

バックアップからウェブコンテンツを復元する方法は、以下の手順になります。
1.コントロールパネルの左メニュー「ウェブサーバー」より、「サイトバックアップ」を画面を開き、[バックアップ復元]をクリックします。


2.確認画面が表示されますので、復元を実行する場合は[OK]ボタンをクリックします。


3.「バックアップが復元されました。」というメッセージが表示されましたら、バックアップからの復元は完了です。

【注意事項】
・「バックアップからの復元」を実行すると、復元によって上書きされたファイルは、復元直前の状態に戻すことができなくなります。

・バックアップデータからの復元を行なう前に、「バックアップの作成」をしておくことをお勧めします。

・バックアップからの復元は、バックアップに含まれるファイルの追加のみ行なわれます。そのため、バックアップデータに対応するファイルがない場合、該当のファイルは削除されず、そのままの状態で残ります。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 3.5 サイトバックアップ
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

<参考>
本サービスでは、次の2種類の方法でデータを復元することができます。

1.バックアップ機能でバックアップされたデータの復元方法
上記の手順でお客様自身がバックアップされたファイルを復元する方法です。

2.コントロールパネルの「復元ファイル」機能を利用した復元方法
外部記憶装置とは別に、約1日分のディスクバックアップを保存しています。(バックアップする時間:おおむね午前1時から午前5時まで)
コントロールパネルのファイルから「復元ファイル」を実施することで、ディスクバックアップされたディレクトリもしくはファイルを復元することができます。

復元ファイルの利用方法は、以下の手順となります。
1.コントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルのホーム画面上部より、[ファイル]ボタンをクリックします。
3.ファイルマネージャーが表示されましたら、[復元ファイル]ボタンをクリックします。


4.ファイル欄から復元したいディレクトリ/ファイルをクリックし、操作の[復元]ボタンをクリックします。
 ※ここでは例として、「/www/htdocs/」を選択します。


5.復元対象のディレクトリ/ファイル名に間違いがないことを確認します。次に、設定の上書きについて必要に応じてチェックボックスにチェックを入れ、[復元]ボタンをクリックします。


6.復元完了のメッセージが表示されますので、該当ディレクトリ/ファイルの内容をご確認ください。

【注意事項】
上書きが実行された場合、元の状態(「復元ファイル」を実行する直前の状態)に戻すことはできません。実行する際は十分にご留意の上でご使用ください。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 利用者マニュアルをご参照ください。
■利用者マニュアル 4.4 復元ファイル
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wf

■概要については、下記のサイトも参照にしてください。
https://www.ntt.com/business/services/cloud/rental-server/biz/function/backup.html

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23274
ウェブ分析を使いたい

【概要】
お客さまWebサイトのアクセス傾向や訪問者情報を分析し、インターネット上の検索数推移や関連検索ワードなどを抽出して、Webサイト改善法を提示する機能です。
レポートメールの設定をすると、Web分析結果の概要を週1回メールで確認できます。


データベースを使用するため、本機能をインストールする前にMySQLを起動しておく必要があります。
MySQLの起動方法は、下記を参考にしてください。
データベース(MySQL)を使いたい、詳細はこちら


ウェブサイト分析のインストール方法方法は、以下の手順となります。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2. コントロールパネルの左メニュー「ウェブサーバー」より、[ウェブサイト分析]をクリックします。ウェブサイト分析の画面が表示されましたら、MySQLのパスワードを入力し、[インストール]ボタンをクリックします。


3. 確認メッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
4. ウェブ分析設定画面が表示されましたら完了です。

【注意事項】
・ウェブサイト分析をアンインストールされますと、それまでに蓄積したデータも全て削除されます。

・本機能は、お客さまのウェブの利用の方法により分析結果が異なります。
参考値としていただくものであり、精度を保証するものではございません。


ウェブサイト分析の設定方法は、以下の手順となります。
1.ウェブ分析のインストール後、ウェブ分析設定画面ページにて、トラッキングタグ挿入ファイルを選択します。


2.サイト分析ワードの設定を入力します。


3.レポートメールの設定へ通知先メールアドレスを入力し、[分析設定の保存]をクリックします。


4.「ウェブ分析機能は設定が完了しました。」と表示されましたら完了です。

【注意事項】
・トラッキングタグを手動で挿入される場合は、タグの手動埋め込み方法をクリックし<!-- WebAnalysis -->から<!-- End WebAnalysis -->までをコピーし、ウェブサイトの解析を行う全てのページに貼り付けます。

・タグの自動修復を「ON」にすることで定期的/1日毎にトラッキングタグの有無をチェックし自動でトラッキングタグを修復します。

・htdocsディレクトリ配下のHTMLファイル(拡張子:html・htm・HTML・HTM)が自動挿入ファイル対象です。

・トラッキングコードの埋め込み場所は</head>の終了タグの直前に挿入されることを推奨します。

・動的コンテンツへの埋め込みについてはサポートしておりません。


詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 3.6 ウェブサイト分析
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23263
メール分析を使いたい

【概要】
お客さまが設定した分析ワードをもとにメール本文を解析して分析ワード・関連ワードの出現状況、関連メールや関係者マップを表示する機能です。
何に関するメールが多いか、誰にメールが集中しているかなど、メール受信傾向により業務状況を「見える化」できます。


※データベースを使用するため、本機能をインストールする前にMySQLを起動しておく必要があります。
MySQLの起動方法は、下記を参考にしてください。
データベース(MySQL)を使いたい、詳細はこちら


メール分析のインストール方法は、以下の手順となります。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルの左メニュー「メールサーバー」より、[メール分析]をクリックします。メール分析の画面が表示されましたら、MySQLのパスワードを入力し、[インストール]ボタンをクリックします。
3.確認メッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
4.分析ワードの設定画面が表示されましたら完了です。

【注意事項】
メール分析ツールをアンインストールされますと、それまでに蓄積したデータも全て削除されます。

本機能は、お客さまのメール利用方法により分析結果が異なります。
参考値としていただくものであり、精度を保証するものではございません。


メール分析の設定方法は、以下の手順となります。
1.メール分析のインストール後、メール分析設定画面ページが表示されましたら入力を行い、[保存]ボタンをクリックしてください。
2.「分析軸の保存が完了しました。」と表示され、「分析軸」欄に登録した名称が表示されましたら完了です。

メール分析軸の追加方法は、以下の手順となります。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルの左メニュー「メールサーバー」より、[メール分析]をクリック後、右上の[設定]ボタンをクリックします。
3.メール分析設定画面にて、[分析軸と分析ワードの追加]ボタンをクリックしてください。
4. 各設定項目を入力して[保存]をクリックしてください。
各設定項目の入力については、メール分析の設定方法と同じ手順になります。



詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 2.5 メール分析
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23080
PHPのバージョンを確認したい

【概要】
PHPとはホームページに掲載する記事に、付加価値を追加することができるプログラム言語の1つです。
Bizメール&ウェブビジネスは、PHPがインストールされております。

PHPなどのプログラム言語で作成した“ソフトウェア”を追加すると、ブログや掲示板に加えて、アンケートやショッピングサイトなどの機能を公開できます。
Bizメール&ウェブビジネスで提供しているソフトウェア情報については、下記のURLよりご確認いただくようお願いいたします。
■ソフトウェアのバージョン
https://www.ntt.com/business/services/cloud/rental-server/biz/function/version.html

PHPのバージョン確認方法
1.コントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」より、[基本アプリ]をクリックします。
3.「基本アプリ」の画面が表示されましたら、「スクリプト言語」欄「PHP」の[設定]ボタンをクリックします。
※現在のバージョンがここで確認できます。変更する場合は以下の手順にお進みください。
4.「バージョンの選択」プルダウンから変更するバージョンを選択し、[変更]ボタンをクリックします。
5.確認メッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
6.「PHPのバージョンが変更されました。」とメッセージが表示されましたら、完了です。

【注意事項】
PHPのバージョンを変更すると、従来バージョン用にデザインされた既存スクリプトが使えなくなることがあります。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 4.1 基本アプリ
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23085
ユーザー名(メールアカウント、メールアドレス)を変更したい

ユーザー名の変更は出来ません。
ユーザー名の変更が必要な場合は、変更したいユーザーを削除していただき、新規作成が必要です。

ユーザの削除方法は、以下の手順となります。※不要となったユーザーは、管理者にて削除を行います。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2. コントロールパネルの左メニュー[ユーザー]ボタンをクリック後、削除したいユーザーの[削除]ボタンをクリックします。
3. 削除対象として表示されたユーザーを確認し、問題が無ければ[削除]ボタンをクリックします。
4. 「ユーザー<ユーザーID>が削除されました。」と表示されましたら完了です。

ユーザーの新規作成方法につきましては、下記を参考にしてください。
ユーザー(メールアカウント、メールアドレス)を作りたい、詳細はこちら

【注意事項】
ユーザーを削除した場合、該当ユーザーに関するすべての情報(メールやコンテンツ)がサーバーから削除されますので、削除する際は十分にご留意ください。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップマニュアルをご参照ください。
■セットアップマニュアル 4.2 ユーザー設定(新規/パスワード変更/削除)
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23178

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

.*