お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Bizメール&ウェブ ビジネス(ライト/ベーシック)」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

よくあるご質問

【Bizメール&ウェブ ビジネス(ライト/ベーシック)】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

1~10件目/142件

SSL証明書のインストール完了連絡をもらったが、サイトがSSLにならないのはどうしてですか?

お客様にて、「SSL対応にするページ」と「SSL対応にするページを呼び出すページ」の修正が必要となります。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23582
メールセキュリティサービスで正常なメールがウイルス検知されてしまう、またはウイルスメールをウイルス検知しません。

当サービスの対応状況について確認し、提供元へフィードバックを行わせていただきたく存じます。

お手元にございます、該当のファイル(またはメールファイル)を検体としてご提供をお願いいたします。
お手数ではございますが、以下の手順にてご送付いただけますようお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------

(1) 該当検体ファイルの圧縮暗号化        

添付ファイルを入れたフォルダを「アタッシェケース」という暗号化ソフトを利用し、パスワード付のatcファイルを作成してください。その際のパスワードは「nttocn」としてください。

圧縮されたファイルをメールに添付いただき、ウイルス検体提供窓口 biz-vc@bizmw.jp までお送り下さい。
※上記以外の窓口では受付が出来ませんので、宛先をお間違え無いようお願いいたします。

アタッシェケースのダウンロードURL:
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/atasshecase/

アタッシェケースを利用した場合の暗号化手順:
添付ファイルを入れたフォルダを、「アタッシェケース#3」のショートカットにドラッグ&ドロップして、パスワード「nttocn」を入力してください。

(2) 記載事項  
 
 ・H番またはドメイン(必須):
 ・契約名義(必須):
 ・判定日時(任意):
 ・すり抜け or 誤検知(必須):

【ご留意事項について 】

(1) ウイルス検体ファイルの暗号化時のパスワードは必ず「nttocn」でお願い致します。
 
(2) メールを送付いただく際は、記載事項を本文にご記入いただけますようお願いいたします。 

(3) 暗号化等の操作過程で、不用意にダブルクリックで当該ファイルの実行等を行わないよう十分にご留意いただけますようお願い申し上げます。

(4) お客さまPCにインストール済のセキュリティソフトにより、既にウイルスが駆除されている検体(ファイルが0byte、またはフォルダのみ)については、弊社で解析が不可となります。

(5) セキュリティポリシーにより、判定された詳細な原因は当窓口でもわかりかねます事をご了承ください。 

----------------------------------------------------------------

尚、ご回答につきましては、数日、時間を要します。 
結果が出次第、ご連絡をさせていただきますので、お待ちいただけますようお願い申し上げます。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23398
ユーザー(メールアカウント、メールアドレス)を作りたい

ユーザーID(メールアドレスの@左側)、パスワードは管理者が独自に追加・設定することが可能です。

ユーザー(ユーザーID)の新規作成方法は、以下の手順となります。

【ユーザー新規作成方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2. コントロールパネルの左メニュー[ユーザー]ボタンをクリック後、[新規作成]ボタンをクリックします。




 3. 「ユーザーID」、「氏名」、「パスワード」、「パスワード(確認用)」、「メール権限」を入力し、[保存]ボタンをクリックします。




 4.「ユーザー<ユーザーID> が追加されました。」と表示されましたら完了です。


【注意事項】
ユーザーを削除した場合、該当ユーザーに関するすべての情報(メールやコンテンツ)がサーバーから削除されますので、削除する際は十分にご留意ください。


詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップマニュアルをご参照ください。

 ■セットアップマニュアル 4.2 ユーザー設定(新規/パスワード変更/削除)
 https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd

なお、管理者と利用者の違いについては、
上記の「セットアップマニュアル 4.1.1 管理者と利用者の違い・概念について」をご参照ください。


「メールソフトの設定方法」は以下を参考にしてください。
メールソフトの設定について、詳細はこちら

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23354
ウェブサイトを掲載(アップロード)したい

FTPソフトもしくはコントロールパネルを使用して、ファイルをアップロードすることができます。

既存ファイルの更新や複数のファイル、ディレクトリごとのアップロードが必要な場合には、FFFTPなど専用のFTPソフトをご検討ください。
■FTPソフトのダウンロード
Vector(https://www.vector.co.jp/)
窓の杜(https://forest.watch.impress.co.jp/)

FTPソフトの例としてFFFTPの設定は、以下の手順となります。
1.FFFTPを起動して、[接続] ⇒ [ホストの設定] をクリックして [ホスト一覧] 画面から設定します。
2.設定完了後、接続し、アップロードするファイルを選択し、[アップロード] ボタンをクリックします。

【注意事項】

・ウェブサイトのご準備
 お客さまご自身でウェブサイトを作成いただくか、ウェブ制作会社をご利用いただき、ウェブサイトをご用意いただく必要があります。

・コントロールパネルのアップロード機能について
 コントロールパネルの「ファイルのアップロード」機能では、既存ファイルの上書きや更新、複数のファイルやディレクトリを一括して転送することができません。
 ファイルは、1つずつ指定して転送することが必要です。

・FTPの機能について
 一部のFTPソフトに付随している「ミラーリング機能(クライアント端末側とサーバー側のファイル構成を同じにする機能)」をご利用いただく場合は、ご注意ください。
 ミラーリング機能を使用することにより、初期設定されているディレクトリやファイルの一部が削除されてしまい、Web機能やメール機能が使えなくなることがあります。
 このような機能は、あくまで自己責任でお使いください。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップマニュアルをご参照ください。
■セットアップマニュアル 5. ホームページの公開
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23318
WordPressを利用したい

【概要】
WordPressとは、ブログの作成とブログを公開するためのソフトウェアです。
このソフトウェアを使用すると、本サーバーに設定したお客さまドメイン名内にブログを開設することが可能です。

WordPressを使用するには、事前にMySQLのインストール及び起動、パスワード情報が必要です。
MySQLの詳細については、下記をご確認ください。

【よくある質問】
 データベース(MySQL)を使いたい
 https://support.ntt.com/mw-business/faq/detail/pid2300000tpl

WordPressのインストール方法は、以下の手順となります。

【WordPressインストール方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2. コントロールパネルの左メニュー「アプリケーション」より、[追加アプリ]をクリックします。

 3. 「追加アプリ」の画面が表示されましたら、WordPress「操作」欄の[インストール]ボタンをクリックします。

 ※インストールしたWordPressの関連ファイルは~/www/htdocs/wordpress 以下に格納されております。
 https://お客さまのドメイン/wordpress/にアクセスしてご確認ください。


WordPress管理者画面へのログイン方法は、以下の手順となります。

【WordPress ログイン方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2.コントロールパネル左メニュー「アプリケーション」より「追加アプリ」の画面を開き、Wordpress「操作」欄「インストール情報」よりログイン情報を確認します。

 3.初期インストール情報に表示されているURLへアクセスします。(IDとパスワードも記載されております。)

 4.WordPressログイン画面が表示されましたら、ログインIDとパスワードを入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。


【注意事項】
 ・WordPressを新規でインストールする場合は、PHP7.4+MySQL5.7が必須になりますので注意していただくようお願いいたします。

 ・WordPressはインストールまでがサポート対象となっておりますので、インストール後のご利用方法についてはサポート対象外となりますので、ご了承ください。

 ・お客様ドメインでSSL証明書を導入していない場合は、証明書の警告が表示される事があります。

【WordPressホームページURL】
 https://お客さまのドメイン/wordpress/

また、URLの変更(wordpressを表示させたくない)についてはサポート対象外となっておりますので、ご了承ください。
各種サイトや市販本などをご参照ください。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。

■管理者マニュアル 4.2 追加アプリ
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23317
自動返信を設定したい

【概要】
自動返信は、設定したユーザー宛に送信されたメールの送信者に自動的にメッセージを返信する機能です。
一括自動返信とは、該当メールアドレス宛に送信された全てのメールに対し、そのメールの送信者に向けて自動的にメッセージを返信する機能です。

管理者で一括自動返信の設定方法は、以下の手順となります。

【管理者で一括自動返信 設定方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2.コントロールパネルの左メニュー[ユーザー]をクリックして、[ユーザー管理]画面を表示させます。

 3.一括自動返信設定を行いたいユーザーの[設定]をクリックします。

 4.[ユーザー設定] 画面に遷移したら、画面下方にある[自動返信の管理] をクリックします。

 5.[一括自動返信] 画面に遷移したら、[自動返信文の新規作成] ボタンをクリックします。

 6.[自動返信文の作成] 画面に遷移したら、「メッセージ名」と「メッセージの内容」を入力し [保存] ボタンまたは[保存・次の作成] ボタンをクリックします。


各ユーザで一括自動返信の設定方法は、以下の手順となります。

【ユーザーで一括自動返信 設定方法】

 1.各ユーザーIDでコントロールパネルにログインします。

 2.コントロールパネルのホーム画面上部より、[メール]ボタンをクリック後、[メール受信設定]をクリックします。

 3.「受信ルール設定」画面が表示されますので「自動返信文設定」欄の[返信文作成]をクリックします。

 4.「自動返信の追加」の画面で「メッセージ名」と「メッセージの内容」を入力し[保存]ボタンをクリックします。


【注意事項】
・メッセージを作成しただけでは自動返信は適用されません。該当メッセージの有効化が必要となります。

・返信されたメールの件名には、先頭に「Auto-Reply」という文字列が追加されます。
たとえば、件名が「ご案内」というメールに対して自動返信した場合の件名は「[Auto-Reply] ご案内」になります。

・自動返信を設定した宛先へ複数同時に送信した場合、自動返信は1つのみが有効となります。

【自動返信個別ルールの設定方法】
 メール個別ルール設定については、下記を参考にしてください。

 【よくある質問】
 受け取るメールに個別ルールを設定したい
 ※詳細はこちら
https://support.ntt.com/mw-business/faq/detail/pid2300000tqz


詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 利用者マニュアルをご参照ください。

■利用者マニュアル 3.2.2 メール一括自動返信の設定方法
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wf

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23314
メーリングリストを作りたい

【概要】
メーリングリストとは、複数のメールアドレスに向けて一斉にメールを配信する機能のことです。

たとえば、組織内の「営業担当」「開発担当」といったチームに対してそれぞれメーリングリストを作成し、そこに該当するメンバー全員のメールアドレスを登録すると、1つのメールアドレスにメールを送信する操作で、登録メンバー全員に向けてメールを送信できます。

メーリングリストの設定方法は、以下の手順となります。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルの左メニュー「メールサーバー」より[メーリングリスト]をクリック後、[新規作成]ボタンをクリックします。
3.メーリングリストの作成画面が表示されますので、入力を行い、[保存]ボタンをクリックしてください。
4.「リスト名が追加されました。」と表示され、「メーリングリスト」の項目に該当のアドレスが追加されましたら完了です。
※引き続き、作成したメーリングリストに、メールアドレスの登録を行います。
5.メーリングリスト管理画面で、メールアドレスの登録を行いたいメーリングリストの[メンバー]をクリックします。
6.「メンバー設定」の画面が表示されましたら、「メンバーの登録」欄に登録したいメールアドレスを入力し、[登録]ボタンをクリックします。
7.「受信者が追加されました。」と表示され、「メンバー」欄に登録したメールドレスが表示されましたら完了です。

【注意事項】
・登録できるアドレス数は、他のお客さまに影響が発生しないよう20アドレスに制限しています。
メール送信時の宛先件数は、メーリングリスト内に登録されているアドレスも含めて20件までとなります。

・メーリングリストの中にメーリングリストのアドレスを登録すると、正常に動作しません。

・メーリングリスト名は、登録済のユーザーIDと重複して作成することはできません。

・登録するメールアドレスは、本サービスでご契約のドメイン以外のメールアドレスでも登録可能です。

【メール不達時の動作】
メールアドレスの登録ミスや削除などで、メンバーのメールアドレスに正常に送信できない場合、 対象のメールアドレスは、停止期間ののち、メンバーから削除されます。

メンバー削除までの流れ
1.メール再送(5日間)…該当メールアドレスに対し繰り返しメールを再送
2.メールアドレス一時停止(20日間)…1の再送を停止、警告メールを7日おきに3回送信
3.メールアドレス削除…2のメールに応答が無い場合、メンバーから削除
※受信者が一時停止および削除となると、管理者宛にメール通知が行われます

停止アドレスの復元について
一時停止中となったメールアドレスの復元方法は下記の2種類となります。
受信者:警告メールに対し、件名や内容を変更せずにそのまま返信をしてください。
※受信者が警告メールを受信できた場合のみ実施可能です
管理者:コントロールパネルにて、該当のメーリングリストのメンバーリストより一旦該当のメールアドレスを削除いただき、再登録してください 。

下記を参考にしてください。
メーリングリストへのメールがエラー(保留)になった際の、管理者ID@ドメイン宛てに届く通知メールを止めたい、詳細はこちら

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 2.3 メーリングリスト
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23313
メールの転送設定をしたい

【概要】
メール転送設定とは、該当メールアドレス宛に送信されたメールを、そのまま他のメールアドレスに転送する機能のことです。

受信したメールを指定した他のメールアドレスに転送します。

転送先には複数のアドレスを設定することもできます。登録できるアドレス数に制限はありませんが、快適に本サービスをご利用いただくには、プランごとに推奨値を定めています。
推奨値については、以下のページを参照してください。

■推奨値
https://www.ntt.com/business/services/cloud/rental-server/biz/function/recommend.html


■一括転送とは
該当メールアドレス宛に送信された全てのメールを、そのまま他のメールアドレスに転送する機能のことです。

管理者がメールの一括転送を設定する方法は、以下の手順となります。


【一括転送 設定方法】

 1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。

 2.[ユーザー]ボタンをクリック後、転送先を追加したいユーザーの[設定]ボタンをクリックします。





 3.「転送先」欄に転送先メールアドレスを入力し[追加]ボタンをクリックします。




4.「<転送先メールアドレス>を追加しました。」と表示されましたら、転送先欄に該当のメールアドレスが追加されたことを確認し[保存]ボタンをクリックします。


【各ユーザがメールの一括転送を設定する方法】




3.「受信ルール設定」画面が表示されますので「処理1-一括転送」欄の[転送先追加]をクリックします。



 4.「転送先」欄に、メール転送先のメールアドレスを入力し、[保存]ボタンをクリックします。




※ [保存・次の作成]ボタンをクリックすると、引き続き転送先のアドレスを入力できます。


【注意事項】

 ・「転送されたメールを受信箱に残す」のチェックについて
  受信メールアドレスが「example@example.co.jp」、転送先メールアドレスが「example2@example.co.jp 」の場合、メールはexample、example2両方のメールボックスに保存されます。
  「メールを残す」とした場合、サーバー側にメールが溜まり続けるため、定期的に削除を実施いただかないと、容量が一杯になる要因になります。ご留意頂きますようお願いします。


 ・メール個別ルールで転送設定する方法
  メール個別ルール設定については、下記を参考にしてください。

  【よくある質問】
   受け取るメールに個別ルールを設定したい
   ※詳細はこちら

 ・個別ルールの転送設定
  個別ルールで転送設定した場合、メールボックスにメールのコピーを残さずに転送されます。


【実行の順序】


 1.本サーバーでは、メールが到着すると初めに「メール一括転送」の設定状況を確認します。
  転送するメールアドレスが設定され、かつ「メールボックスに転送されたメールのコピーを残さない」に指定されている場合、メールを転送した後は次の処理に進まずに終了します。
  「メール転送設定」がされていない場合や、転送先が設定され[メールボックスに転送されたメールのコピーを残す]が設定されている場合は、次の処理に進みます。

 2.「メール一括自動返信」の設定状況を確認します。
  自動返信の設定が有効の場合には、該当の自動返信処理が実行されます。
  また自動返信設定が有効、無効に関わらず、次の処理に進みます。

 3.個別ルールの設定を確認します。
  受信したメールは、個別ルールの設定に従って自動処理が実行されます。
  どの条件にも一致しない場合、メールは受信箱に保存されます。
  なお、ウェブメール(Active! mail)でフィルター設定を実施している場合、ウェブメールを起動した時点で設定されたフィルターが適用されます。


詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス セットアップ/利用者マニュアルをご参照ください。

■セットアップマニュアル 4.3 メール転送設定
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wd

■利用者マニュアル 3.2 メール受信設定(転送/自動返信/個別ルール)
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009wf

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23312
メールアドレスに別名(エイリアス)を設定したい

メールアドレスに別名(エイリアス)を付与することが出来ます。
設定いただくためには、ユーザーを事前に作成いただく必要がございます。
下記を参考にしてください。
ユーザー(メールアカウント、メールアドレス)を作りたい、詳細はこちら


エイリアス(別名)を設定する方法は、以下の手順となります。
1.管理者IDでコントロールパネルにログインします。
2.コントロールパネルの左メニュー「メールサーバー」より、「メールアドレス」をクリック後、[新規作成]ボタンをクリックします。
3.メールエイリアスを付与したいユーザーを「受信者(ユーザーID)」のプルダウンから選択し、「メールアドレス」欄にメールエイリアス名を入力し[保存]ボタンをクリックします。
4.メールアドレス追加のメッセージが表示され、該当メールアドレスが作成されていれば完了です。

【注意事項】
・メールエイリアスを付与した場合も、コントロールパネルへのログインは(エイリアスではなく)「ユーザーID」と「ユーザーIDに対応するパスワード」で行ってください。

・メールソフト利用の場合も同様で、サーバーへのログイン情報の設定は、「ユーザーID」と「ユーザーIDに対応するパスワード」となります。

・「アカウントに登録されるメールアドレス」や「メールエイリアス」は、@以前の部分が同一なものは、複数の登録ができません。

詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 管理者マニュアルをご参照ください。
■管理者マニュアル 2.2 メールアドレス(旧:メールエイリアス)
https://support.ntt.com/mw-business/download/detail/pid21000009we

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23309
メールを送信するとエラーが返ってくる

【概要】
ご契約いただいているBizメール&ウェブ ビジネスのサーバーからメールを送信した際に、エラーメールが返ってくる。

【エラーメッセージの一例】
 ・User unknown
 ・max_size_limit
 ・Block(またはblocklistといった文字が含まれる)

【主な原因と対処方法】

 ・User unknown
 宛先のメールアドレスが間違っている可能性があります。
 宛先のメールアドレスが正しいかご確認ください。

 ・max_size_limit
 メールサイズが送受信できる上限を超えている可能性があります。
 詳しくは、下記のBizメール&ウェブ ビジネス 推奨値をご参照ください。
https://www.ntt.com/business/services/cloud/rental-server/biz/function/recommend.html

 ・Block(またはblocklistといった文字が含まれる)
 宛先への配送途中のサーバーで、ブロック(拒否)されている可能性がございます。
 お手数ではございますが、お問い合わせフォームに下記の情報を添えて、弊社のテクニカルサポートまでお問い合わせください。

【ご記載いただきたい情報】
 ・送信元メールアドレス
 ・宛先のメールアドレス
 ・送信日時(調査可能な期間は直近7日間です)

■お問い合わせフォーム
https://support.ntt.com/mw-business/inquiry/input/pid22000001cp

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

23308

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

.* ^/mw-business/faq/search(/$|$)