お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる



よくあるご質問

よくあるご質問を一覧でご案内しております。

1~10件目/3490件

「050 plus」にて着信方法を「プッシュ通知」に設定したら、電話が来ても着信しなくなったのですがどのようにしたらよいですか?- 050 plus 個人向け

「050 plus」にてプッシュ通知で着信しない場合、以下をご確認ください。

最後にアプリを起動してから2カ月以上、一度もアプリを利用していない場合、プッシュ通知が届かなくなりますので、一度アプリを起動してください。
一つの050番号を複数の端末に設定している場合、プッシュ通知を受けられない場合がございます。

また、Androidアプリをご利用の場合は、「設定」⇒「アプリの設定」⇒着信方法「プッシュ通知」から「通常」に切り替えて、着信するかお試しください。
プッシュ通知でのみ着信しない場合は、以下の理由が考えられます。

端末のWiFiを「スリープ時に通信を行わない」設定にしている場合、プッシュ通知が受けられない場合がございます。
「050 plus」の「設定」⇒「アプリの設定」⇒「アプリの自動起動」をオフにしている状態で端末を再起動した後は着信しませんので、一度アプリを起動してください。
「設定」⇒「アプリ」⇒「050 plus」の画面から「強制終了」を実施した場合、プッシュ通知が届かなくなる場合がありますので、一度アプリを起動してください。
端末でGoogleアカウントを設定していない場合、プッシュ通知を受けることができません。

なお、プッシュ通知の仕組みの一部は、利用しているOS側の機能として提供されておりますので、ご利用環境やネットワーク状況によっては、遅延する場合や通知が来ない場合がありますのでご了承ください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

19374
「050 plus」とは何ですか?- 050 plus 個人向け

「050 plus」とは、iOS、Android対応スマートフォンやパソコンから「お得な通話料」でお電話できる、NTTコミュニケーションズが提供する電話アプリです。

お客さまだけの「050番号」をもらえます。
携帯へ1分16円(税込17.6円)、固定電話へ3分8円(税込8.8円)、「050 plus」同士や提携先の050番号へ24時間無料で通話いただけます。

サービス詳細は、スマートフォンからおトクに話せるIP電話アプリ「050 plus」をご覧ください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

19401
口座振替に変更したいのですが、何をすればよいですか。- 法人向け料金よくあるご質問 法人向け

Webサイトから、口座振替依頼書をダウンロードし、印刷、記入後に郵送ください。郵送料はかかりません。
なお、この依頼書を金融機関にお持ちになってもお手続きはできませんので、必ずNTTコミュニケーションズ宛てにご郵送ください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

22572
現在口座振替です。口座を変更したいのですが、何をすればよいですか。- 法人向け料金よくあるご質問 法人向け

すでに口座振替で使っている口座の番号や金融機関を変更したい場合も、新規申込と同じ申込書でのお手続きになります。Webサイトから、口座振替依頼書をダウンロードし、印刷、新しい口座情報を記入後に郵送ください。郵送料はかかりません。
なお、この依頼書を金融機関にお持ちになってもお手続きはできませんので、必ずNTTコミュニケーションズ宛てにご郵送ください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

17259
音声ファイルのアップロードを行ったところ「Network Error (tcp_error)」のエラーが出ました。- COTOHA Meeting Assist 法人向け

この事象は、COTOHA Meeting Assistではなくウェブブラウザが出しているエラーです。
COTOHA Meeting Assistの処理としては最大1GBまでの音声ファイルをアップロード可能ですが、アップロードに時間がかかると(COTOHA Meeting Assistの処置は裏側で進んでいても)ブラウザ自体がタイムアウトすることがあります。

COTOHA Meeting Assistが録音した音声データを変換する順序は、大まかに以下のようになります。
[1]音声ファイルをアップロード→[2]アップロード終了後、テキスト化開始→[3]テキスト化終了(=議事メモ作成完了)

「Network Error (tcp_error)」のエラーは、[2]が完了するまでに時間がかかった(※)ため、"ブラウザが"タイムアウトしたというエラーですが、COTOHA Meeting Assistとしては[2]と[3]の処理が進められているものと考えられます。
(※)[2]と[3]は、回線の速度やファイルサイズによって時間がかかることがあります。

そのため、しばらく時間をおいてから、COTOHA Meeting Assistの「議事メモ管理」画面から、アップロードした音声ファイルの議事メモができているかをご確認ください。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

17301
「050 plus」アプリの「設定一覧」のボタンはどこですか?- 050 plus 個人向け

「050 plus」アプリの「設定一覧」ボタンは歯車のようなマークで、下部に「設定」と記載がされているボタンです。
ご利用端末によって異なりますが、画面上方、または下方の右隅をご確認ください。

※「続きを見る」内で画像を掲載しています。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

20012
COTOHA Meeting AssistはInternet Explorerでも利用できますか?- COTOHA Meeting Assist 法人向け

ブラウザについては、COTOHA Meeting Assistで利用するWebRTCの機能に対応しているChromeとSafariの最新安定版を推奨しておりますが、Internet Explorerは基本的にWebRTCに対応していないため、サポートしておりません。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

17327
多要素認証の設定方法がわかりません。- 損保クラウド 法人向け

多要素認証の設定手順については、弊社マニュアルにてご案内しておりますので
ご参照くだ…

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

22771
ウェブサイト分析が表示されなくなりました。- Bizメール&ウェブ プレミアム r2(2018/8/20以降ご利用開始の場合) 法人向け

PHPのバージョンを7.4に変更した場合、以下の事象が発生する場合がございます。
・ウェブサイト分析の結果が表示されなくなる
・Piwikのログイン画面にエラーが表示されログインできなくなる

■発生条件
(1) /www/php.ini がお客さまサーバー上に存在しており、「display_errors = Off」の記述がない
(2) PHPのバージョンが7.4

※以下でお知らせしておりますとおり、2020年11月のメンテナンスにて
 PHP7.2の廃止にともないPHP7.4へ強制変更された場合も該当いたします。

【PHP7.2提供終了のお知らせ】
https://support.ntt.com/mw-premiumr2/information/detail/pid2500000spr

■対処方法
(1) コントロールパネルにサーバー管理者用アカウントでログインします
(2) ファイルマネージャを開きます
(3) 「www」のディレクトリを開き、「php.ini」の詳細を開きます
(4) ファイルエディタ内で display_errors = Off の記述を追加します
(5) 保存をクリックします

以上で対処手順が完了いたします。
不具合が解消しているかをご確認ください。

※php.iniのファイル名を変更し無効化する方法もございますが、
 お客さまサイトでphp.iniが利用されている場合はサイトの挙動に影響を及ぼすため、お勧めしておりません。
 お試しいただく場合はお客さまホームページの管理者にご相談ください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

22748
ウェブサイト分析が表示されなくなりました。- Bizメール&ウェブ ビジネス(ライト/ベーシック) 法人向け

PHPのバージョンを7.4に変更した場合、以下の事象が発生する場合がございます。
・ウェブサイト分析の結果が表示されなくなる
・Piwikのログイン画面にエラーが表示されログインできなくなる

■発生条件
(1) /www/php.ini がお客さまサーバー上に存在しており、「display_errors = Off」の記述がない
(2) PHPのバージョンが7.4

※以下でお知らせしておりますとおり、2020年11月のメンテナンスにて
 PHP7.2の廃止にともないPHP7.4へ強制変更された場合も該当いたします。

【PHP7.2提供終了のお知らせ】
https://support.ntt.com/mw-business/information/detail/pid2500000sps

■対処方法
(1) コントロールパネルに管理者IDでログインします
(2) ファイルマネージャを開きます
(3) 「www」のディレクトリを開き、「php.ini」の詳細を開きます
(4) ファイルエディタ内で display_errors = Off の記述を追加します
(5) 保存をクリックします

以上で対処手順が完了いたします。
不具合が解消しているかをご確認ください。

※php.iniのファイル名を変更し無効化する方法もございますが、
 お客さまサイトでphp.iniが利用されている場合はサイトの挙動に影響を及ぼすため、お勧めしておりません。
 お試しいただく場合はお客さまホームページの管理者にご相談ください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

22747

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

^/faq/search.* .*