お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Enterprise Cloud for ERP」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

Smart Data Platform サポートページへ

よくあるご質問

【Enterprise Cloud for ERP】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

21~23件目/23件

「SUSE Linux HA Cluster Setup for Virtual HANA」で、Virtual HANA (イニシエーター)を再起動した場合、iSCSI接続は自動で再確立されますか。

お引き渡し時、Virtual HANA (イニシエーター)が再起動された場合、iSCSI接続は自動で再確立されるようにパラメータ設定しております。下記「iSCSI接続が自動で確立される設定の確認」で設定値を確認できます。

自動で再確立されなかった場合でも、Virtual HANAから下記「iSCSI接続のコマンド」をroot権限のあるユーザーで実行することで、iSCSI接続を確立できます。

◆ iSCSI接続が自動で確立される設定の確認
# yast iscsi-client を実行
Service タブ > Service Start の "When Booting" にチェックが入っていること
Connected Targets タブ > Targetを選択し Edit > Startup が "automatic" であること

◆ iSCSI接続のコマンド
# iscsiadm -m discovery --type=st --portal=<iSCSIターゲット仮想マシンのIPアドレス>:3260
# iscsiadm -m node -T <iSCSIターゲットのIQN> --login --portal=<iSCSIターゲット仮想マシンのIPアドレス>:3260
# iscsiadm -m node -p <iSCSIターゲット仮想マシンのIPアドレス>:3260 --op=update --name=node.startup --value=automatic
お客様環境における、iSCSIターゲット仮想マシンのIPアドレス、iSCSIターゲットのIQNは開通通知書をご参照ください。

この内容のページへ

サービスに関わる変更手続きの方法を教えてください。

xStreamPortalで申込み可能なサービスメニュー以外については、当社営業担当者までオーダーシート・パラメータシートでお申込みください。

この内容のページへ

サービスについての問い合わせ方法を教えてください。

チケットシステムにてチケットを作成の上、お問い合わせください。

この内容のページへ

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

.*