お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Enterprise Cloud Office 365 ハイブリッドオプション」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

このサービスのお知らせ

【Enterprise Cloud Office 365 ハイブリッドオプション】に関するサポートのお知らせです。

2016年07月25日 16時07分更新

前のページに戻る

重要

日本データセンターへの移行要求(Opt In)のやり方について(期限:2016年10月31日)

先日、本サポートサイトにてアナウンスさせていただきました「日本データセンターへの移行におけるプロセス変更のお知らせ」のお客様テナント管理者様にてワークロードごと(Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online)の収容データセンタの確認、日本データセンターへの移行を実施いただく方法をお伝えいたします。

日本データセンターへの移行におけるプロセス変更のお知らせ
http://support.ntt.com/bhec-office365-hb/information/detail/pid2500000c33

各操作をいただく際には、お客様テナント管理者様にて、現在リリースされている新しいUIの管理センターで操作を実施していただくようお願いいたします。旧管理センターではデータセンターの情報は確認できませんのでご注意ください。

1. お客様テナント管理者様でOffice 365のポータルにサインインします。
サインイン後、必要に新しい管理センター(プレビュー)に切り替えます。既に、新しい管理センターに切り替えている場合、この操作は必要ありません。
左側のメニューの「設定」ー「組織のプロファイル」を開き、右側に表示された「データの場所」からそれぞれのサービスにおけるデータセンター地域を確認します。
下記の例では、Exchange Onlineだけがアジア/太平洋の地域になっており、その他のサービスは日本のデータセンターにあることがわかります。

2. 上記1でデータセンターの地域の確認の後、画面を下にスクロールしますと、「データ所在地のオプション」があります。
こちらのマイクロソフト社からのアナウンス文を十分にご理解の上、日本データセンターへサービスを移行したい場合、右上の「編集」ボタンを押下します。

※ マイクロソフト社からのアナウンス文にある通り、2016年10月31日までに移行の要求をあげる必要があります。また、実際に日本データセンターの移行には24か月以内に実施され、移行タイミングは指定できませんのでご注意ください。



3. 上記2で「編集」ボタンを押下後、「データ所在地のオプション」が表示されます。
こちらの本文を必ずご一読の上、「データの所在地に関する要件が組織にあります。日本データセンターの地域へ組織のデータを移動します。」の右側にある「いいえ」ボタンを押下し、「はい」に変更します。その上で、下部の「保存」ボタンを押下します。この「保存」ボタンで移行要求完了になります。



4. 「保存」ボタン押下後、日本データセンターへの移行要求がされたメッセージが表示されます。確認の後、「閉じる」ボタンを押下します。以上です。









 

このページのトップへ

.*