お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Arcstar Universal One Virtual」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

よくあるご質問

【Arcstar Universal One Virtual】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

1~10件目/22件

あて先UserNetworkを追加しようとすると、「アドレスが正しくありません」と表示されてしまいます。

本サービスで「あて先UserNetwork」として登録ができるのは、プライベートIPアドレスとして規定されている以下のIPアドレス帯のみとなっております。

クラスA:10.0.0.0~10.255.255.255 (10.0.0.0/8)
クラスB:172.16.0.0~172.31.255.255 (172.16.0.0/12)
クラスC:192.168.0.0~192.168.255.255 (192.168.0.0/16)

なお、以下に記載したクラスA~Cのアドレス帯そのものを登録することは可能ですが、同一VPN内において、IPアドレスを一意とする設計を推奨していることから、設定の際には十分ご注意ください。

・10.0.0.0/8
・172.16.0.0/12
・192.168.0.0/16

また、(1)ホストアドレスに対して「/32」以外を入力した場合や、(2)ネットワークアドレスとサブネットの関係が誤っている場合、(3)グローバルIPアドレスを入力している場合、(4)デフォルトルートを入力している場合、(5)アドレスの入力形式が正しくない(0が余分に入力されている)場合にもエラーとなり、登録ができませんのでご注意ください。

【例】
(1)192.168.0.1/24 (正しくは192.168.0.1/32)
(2)192.168.1.64/24(正しくは192.168.1.64/26)
(3)200.200.200.1/32(グローバルIPアドレスは登録できません)
(4)0.0.0.0/0(デフォルトルートは登録できません)
(5)192.168.000.001/32(正しくは192.168.0.1/32)

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

16722
ビジネスポータル上にアラームが表示されています。

ビジネスポータル上でアラームが表示されている場合は、保守窓口までお問い合わせください。アラームの確認方法については「続きを見る」をクリックしてください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

16721
vClientがアクセス可能なあて先UserNetworkを制限することはできますか?

vApp(Windows)、vApp(Android)、vApp(MacOS/iOS)、vAdapter(L3)をご利用の場合、vClientグループごとにアクセス可能なあて先UserNetworkを設定することが可能です。
具体的には、「vClientグループの編集」の「アクセス許可」タブにおいて設定されたあて先UserNetworkへのみ通信することができるようになります。

vAdapterをL2モードでご利用の場合は、vAdapter(L2)配下の端末は仮想的にvSegmentと同一のブロードキャストドメインに所属することになります。
また、vGWは同一通信グループの全UNO拠点に対してvSegmentアドレスを経路広告する仕様となっておりますため、vAdatper(L2)配下の端末は、ビジネスポータル(Virtual編)上での設定内容に関わらず、同一通信グループのUNO拠点ルーターと双方向で通信が可能となりますのでご注意ください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

14059
vClientのパスワード変更方法を教えてください。

vClientのパスワード変更手順は以下の通りです。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

9715
契約情報の「当月を含む過去の最大登録クライアント数」の表示が実際と異なっています。

「契約情報」メニューにて本サービスのご提供開始月を選択された際、「当月を含む過去の最大登録クライアント数」の表示が「アプリ」「専用アダプタ」ともお客様が作成されたID数よりも1つずつ多くなる場合がございます。
これは、弊社にてサービス提供前に試験用のIDを用いてvApp・vAdapterの接続確認試験を実施しているためであり、サービス提供開始月の翌月以降は正常な表示となります。
なお、サービス開始月の利用料金は無料となりますため、試験用ID分の料金がお客様に請求されることはございません。

ご心配とご不便をおかけし申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

8733
vClientを新規登録したのですが、パスワード通知メールが届きません。

(1)パスワード通知メールは『umail.portal.ntt.net』ドメインから送信されます。このドメインからのメールが受信できる設定になっているか、ご確認ください。
(2)vClientを新規登録するだけではパスワード通知メールは送信されません。登録後、「vClientの編集」画面を開き、左下の「メール送信」ボタンをクリックしてください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

8623
ビジネスポータル(Virtual編)のエラーメッセージの意味を教えてください。

ビジネスポータル(Virtual編)のエラーメッセージの意味と、対応方法は以下の通りです。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

5355
あて先UserNetworkが8個までしかvCoreにバインドできません。

ビジネスポータル(Virtual編)で作成できるあて先UserNetworkは最大13個ですが、一度にvCoreにバインドできるあて先UserNetworkは8個までとなっております。ご了承ください。
※あて先UserNetworkを14個以上登録しようとすると"more than table limit"というエラーメッセージが表示されます。
※あて先UserNetworkを9個以上バインドしようとした場合、「vCoreの編集」画面では「行追加」をクリックすることができません。グラフィカルマップでドラッグ&ドロップした場合は"too many bound"というエラーメッセージが表示されます。

なお、以下の例のようにあて先UserNetWorkをネットワークアドレス単位に登録しなおすことで、あて先UserNetworkの登録数を削減できる場合がございますので、お客様のご利用状況に応じてご検討ください。

(設定例)
 ・ホストA(192.168.0.1/32)
 ・ホストB(192.168.0.2/32)
 の2つを登録されている場合、
 ・ネットワークA(192.168.0.0/17)
 として1つのあて先UserNetworkにまとめることが可能です。
 
 あて先UserNetworkとして登録できるアドレスには制限がございますので、以下の「よくあるご質問」も併せてご参照ください。
  ■よくあるご質問
   あて先UserNetworkを追加しようとすると、「アドレスが正しくありません」と表示されてしまいます。
   http://support.ntt.com/vpn-virtual/faq/detail/pid23000004uk

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

5353
あて先UserNetworkとして設定するアドレスは、申込書の「Underlay アドレス」の中から指定する必要がありますか。

申込書の「Underlayアドレス」はあて先UserNetWorkとして設定いただくことができません。お申し込み時に記載いただいた「VPN番号」に含まれる拠点のLANアドレスなどをご登録ください。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

5276
パスワード通知メールの宛名は変更できますか。

パスワード通知メールの宛名には、お申し込み時に記載いただいたご契約者様名が自動で挿入される仕様となっており、変更することができません。誠に申し訳ございませんが、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

5275

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

.*