OCN サポートページ

よくある課題を解決しよう 課題解決ガイド:インターネット/ドットフォン編 インターネット接続の速度が遅い 「インターネットの接続速度が遅くなった」と感じるようになった場合の原因とその解決方法をご紹介します。

ご利用環境を確認してみましょう

高速な光回線・ADSL回線を使っていても、インターネットで動画鑑賞中に音声や画像が途切れるなど、接続速度が遅くなったと感じることがあります。
たとえインターネット回線が高速でも、ご利用環境によって通信速度が低下してしまう場合があります。

インターネット回線

非常に多くの人が同時に同じホームページにアクセスした場合や、サーバー側に何らかの負荷がかかっている場合にも、速度低下が起こることがあります。

インターネット回線が不安定になっている

光回線のマンションタイプやADSL回線はノイズや電磁波の影響を受けやすく、接続が不安定になることがあります。
環境を見直すことで接続が安定する場合があります。

  • ドアホンやガス検知器を利用している
  • モジュラージャックからVDSL宅内装置やADSLモデムまでの電話線が長い
  • モジュラージャックが複数設置され、電話機器を複数台接続している
  • 機器や電源のコンセントがタコ足配線になっている

ADSL回線をご利用のお客さまは以下もご確認ください。

  • NTTからお客さま宅までの距離が長い、または電話線の伝送損失が高い
  • お客さま宅の近くに変電所や線路、強い電磁波を発生させる建物などが立っている
  • ADSL回線以外にISDN回線を設置
 

マンションやご利用地域のネットワーク設備にアクセス集中が発生している

利用者増加に応じた設備増設を適宜行っておりますが、急激なアクセス集中により夜間帯など速度低下が発生する場合があります。

 

閲覧するホームページが不安定になっている

メンテナンスを行っている場合や、アクセスが集中してホームページ側のサーバに負荷がかかっていることもあります。
時間をおいて再度アクセスを試みるか、他のホームページも表示が遅いかをご確認ください。

モデムや設備の故障が疑われる

回線に障害や設備故障が発生したり、接続機器や光ケーブルに故障が発生しているかもしれません。
モデムや機器の故障が疑われる場合は、以下へお問い合わせください。
※機器や回線により問合せ先が異なります。

  • 回線接続事業者の提供機器⇒該当事業者へ
  • お客さまご自身でご用意された機器⇒保証書等記載の連絡先へ
  • OCN ADSL セットをご利用の場合⇒OCNテクニカルサポートへ

パソコンの周辺機器

無線LANを利用している場合や、ブロードバンドルーターに複数のパソコンをつないでいる場合など、速度低下が起こる原因となります。

ブロードバンドルーター(※)やハブを使用し、パソコンを複数台接続している

複数のパソコンで大量のデータを送受信していると、速度低下の原因となることがあります。ご使用になるパソコンだけを接続し、速度をご確認ください。
※ひかり電話対応機器や050IP電話対応機器も含まれます。

適したLANケーブルを使用していない

カテゴリ3や4のLANケーブルをお使いの場合、転送速度がインターネット回線より遅い可能性があります。
転送速度が適切なカテゴリ5 以上のLANケーブルをお使いください。

無線LANを使用している

無線LANは、設置場所や利用方法により通信速度が低下することがあります。

  • 転送速度の遅いIEEE802.11bを使用している
  • 無線LANアクセスポイントとパソコンの距離が遠い、または間に障害物がある
  • 複数台パソコンを接続している
  • 無線LANのセキュリティ機能による処理に時間がかかっている
  • 公衆無線LANサービスをご利用の場合、チャンネルが混雑している

直接、LANケーブルでパソコンと接続し、速度をご確認ください。

ブロードバンドルーターやハブなど周辺機器の能力不足

周辺機器のLANポートが100Mbpsまでしか対応していない場合や、スループット(実効速度)がインターネット回線より遅い場合、速度低下の原因となります。
それらの機器を介さずに直接接続し、速度をご確認ください。

パソコンの能力

古いパソコンをご利用の場合や、パソコン自体の処理能力の限界、ブラウザのバージョンが古いといったケースなども速度低下が起こる原因となります。
なお、お使いのパソコンの通信速度(ネットワーク転送量)は、ブラウザ常駐ソフト「gooスティック」のネットワークモニター機能を利用することでご確認いただけます。

パソコンのメモリが不足している

多数のソフトをインストールしている場合や、他のソフトを使用中にインターネットを閲覧した場合、メモリが不足し、表示速度が低下する場合があります。
他のソフトを使用しない状態で、インターネットや動画をご確認ください。

パソコンのLANカードやLANドライバの動作不良

LAN や LANドライバに動作不良があると、インターネットのデータが正常に受け取れなかったり、データが一部欠損し、再送処理を行うことがあります。
パソコンやLANカードが正常に動作しているか、機器のメーカーにご確認ください。

Windows または Macintosh のバージョンが古い

古いバージョンのパソコンは、処理速度が光回線やADSL回線の転送速度を下回ることがあります。
以下のバージョン以外のパソコンで接続し、速度をご確認ください。

  • Windows 95、98、98SE、ME、XP
  • Mac OS 9

インターネットを閲覧するためのブラウザのバージョンが古い

古いバージョンでは、表示速度が低下したり、一部表示できない場合もあります。
最新バージョンのブラウザでホームページの表示をお試しください。

セキュリティ関連

パソコンにウイルスやスパイウェアなどが入り込んだ場合や、セキュリティソフトをご利用の場合も、速度低下が起こることがあります。

各種セキュリティ対策ソフトの動作

ソフトによっては、セキュリティチェックの処理に時間がかかる場合があります。
他のソフトのご使用や、パソコンの能力アップ(メモリの増強など)を行ってみてください。

速度が向上するソフトを使用している

回線速度にあわせ適切な速度向上ソフトを使用する、または回線変更に伴いソフトの設定を見直すことで改善する場合があります。

ファイル共有ソフトを使用している

Winny や Share などのファイル共有ソフトは多量のデータをやり取りし、回線の帯域を圧迫します。
ファイル共有ソフトはウイルスを含むファイルも多数存在し、情報漏洩の危険もあるため、使用しないことを推奨します。

ウイルスに感染している

ウイルスが大量のデータを送信し、回線の送受信の帯域を圧迫することがあります。ウイルス対策を行い、速度をご確認ください。

疑問・問題は解決しましたか?

  • 解決した
  • 解決しなかった
7273

このページのトップへ