お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Bizメール&ウェブ プレミアム r2(2018/8/20以降ご利用開始の場合)」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

よくあるご質問

【Bizメール&ウェブ プレミアム r2(2018/8/20以降ご利用開始の場合)】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

1~10件目/33件

pearは利用可能ですか?

以下を指定する事によりご利用可能です。

php5.3利用の場合
/usr/local/php-5.3.28/bin/pear

php5.6利用の場合
/usr/local/php-5.6/bin/pear

php7.2利用の場合
/usr/local/php-7.2/bin/pear

ご利用方法についてサポート致しておりません。
ご利用についてはお客様判断のもとご利用ください。
なお、不足しているpearモジュールがある場合はお客様にて独自に設置の上ご利用ください。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

16102
ウィルスチェックサービスで正常なメールがウィルス検知されてしまう、またはウィルスメールをウィルス検知しません。

当サービスの対応状況について調査を行わせていただきたく存じます。

お手元にございます、該当のファイル(またはメールファイル)を検体としてご提供をお願いいたします。
お手数ではございますが、以下の手順にてご送付いただけますようお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------

添付ファイルを入れたフォルダを「アタッシェケース」という暗号化ソフトを利用し、パスワード付のatcファイルを作成してください。その際のパスワードは「nttocn」としてください。

圧縮されたファイルをメールに添付いただき、ウィルス検体提供窓口 biz-vc@bizmw.jp までお送り下さい。
※上記以外の窓口では受付が出来ませんので、宛先をお間違えの無いようお願いいたします。

アタッシェケースのダウンロードURL:
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/atasshecase/

アタッシェケースを利用した場合の暗号化手順:
添付ファイルを入れたフォルダを、「アタッシェケース#3」のショートカットにドラッグ&ドロップして、パスワード「nttocn」を入力してください。

【ご留意事項について 】

(1) ウィルス検体ファイルの暗号化時のパスワードは必ず「nttocn」でお願いいたします。
 
(2) メールを送付いただく際は、件名、または本文にHから始まります、お客さま番号(9桁)を記載いただけますようお願いいたします。

(3) 暗号化等の操作過程で、不用意にダブルクリックで当該ファイルの実行等を行わないよう十分にご留意いただけますようお願い申し上げます。

(4) お客さまPCにインストール済のセキュリティソフトにより、既にウィルスが駆除されている検体(ファイルが0byte、またはフォルダのみ)については、弊社で解析が不可となります。

----------------------------------------------------------------

尚、調査、及び回答につきましては、数日、時間を要します。結果が出次第、ご連絡をさせていただきますので、お待ちいただけますようお願い申し上げます。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15361
迷惑メールを受信しました。対処・対策はあるのでしょうか。

迷惑メールを受信した時の対処は以下がございます。
 ・見覚えのない送信元や件名、内容など不審に思ったら、メールを削除する。
 ・マルウェア感染を誘うファイルが添付されていることもあります。不明な添付ファイルは開いたり保存したりせず、削除する。

Bizメール&ウェブ プレミアム r2では、迷惑メール対策として下記の機能を提供しております。
 ・ファイアウォール設定。
  ファイアウォール設定をすることで不要なメールの受信を制限することができます。
  設定方法は下記URLより、[セットアップマニュアル]-[3.1 ファイアウォール設定]を参照ください。
  https://support.ntt.com/mw-premiumr2/download/detail/pid2100000imx

 ・オプションサービスの「迷惑メールフィルタリング」をご利用頂くことで、迷惑メールを削除・隔離等を行えます。
  迷惑メールフィルタリング機能は下記URLで紹介しております。
  https://www.ntt.com/business/services/cloud/rental-server/vps/service06.html

また、最近増加している「仮想通貨を要求する恐喝メール」に関する情報を下記のページでご案内しております。
 昨今増加傾向にある、「仮想通貨を要求する」迷惑メールについて[https://support.ntt.com/mw-premiumr2/information/detail/pid2500000je6]

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15251
Windows標準機能を利用したWebDAVが正常に動作しません。

当サービスではwindowsのWebDAVを用いたファイル共有はご利用いただけません。専用のソフトウェア(CarotDAV)をご利用ください。

CarotDAVの設定方法につきましては、管理者マニュアル4.4 WebDAVをご参照ください。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15170
コントロールパネルにログイン後、「バックアップを実施すると利用ディスク領域が90%を超えるためバックアップが実行されませんでした。不要ファイルの削除、バックアップ対象の変更を実施してください。」と表示されます。

当サービスのファイルバックアップ機能(自動バックアップ)は、初期状態にて、一日一回、ご利用の領域を全てバックアップし、ご利用の領域に保存します。※過去分は上書きして保存します。

この為、ご利用の領域のディスク使用量が50%以上の場合、ご利用領域に保存できず、バックアップをスキップした旨のお知らせが表示されます。

この状態でもサービスは継続してご利用いただけますが、お知らせを非表示とする為には、現在のディスク使用量を49%以下まで削減いただく、またはコントロールパネルにてバックアップを行う対象のディレクトリを減らす必要があります。

バックアップを行う対象のディレクトリを減らす事は、コントロールパネルのシステム > ファイルバックアップ から、バックアップ対象から外すディレクトリの[解除]ボタンをクリックする事で実施出来ますが、バックアップが行われないディレクトリが発生いたします。ご了承ください。
また、ディスク容量追加のオプションもございます。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15164
ウェブサイトのログを閲覧したいです。

下記の手順にてウェブサイトのログを閲覧できます。

1. 管理者のIDとパスワードにて、コントロールパネルにログインします。

2. 上部メニューの[ファイル]をクリックします。

3. [ユーザーホームへ移動]のプルダウン項目にて、ウェブサイトのログを閲覧したいドメインのドメイン管理者を選択すると画面が遷移します。

4. ディレクトリ一覧が表示されますので、www > logs の順にクリックします。

5. 該当ドメインのウェブサイトのログが一覧に表示されます。
任意のログファイルをクリックして、ダウンロードします。

6. メモ帳等でログファイルを開きます。
※過去分のファイルはgzip形式で圧縮されております。閲覧には別途解凍ソフトが必要となる場合がございます。

手順は以上となります。

尚、当サービスではウェブサイトのログの解析、またはウェブサイトの作成、改修等のご案内は行っておりません。お手数ではございますが、インターネット情報、専門書籍等をご参考いただき、お客様にて行っていただけますようお願いいたします。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15163
SSHは利用できますか?

当サービスではご利用頂く事ができません。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15160
海外からサポートへ問合せはできますか?

海外からフリーダイヤルにお掛けする事はできません。恐れ入りますが、お問合せフォームよりお問合せください。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15159
メーリングリストの新規作成において、[件名のプレフィックス]を入れない(空欄)で設定をしたいです。

恐れ入りますが、[件名のプレフィックス]を空欄で設定いただけない、サービス仕様となっております。最低でも半角一文字(記号等)をお入れください。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15158
メーリングリストへのメールがエラー(保留)になった際の、管理者ID@ドメイン宛てに届く通知メールを止めたい。

以下手順にて通知メールを止めることが可能です。

1.管理者宛てに下記件名のメールが届きます。
  件名:メーリングリスト名 への 送信者 の投稿は承認が必要です

  ※本メールには下記2通が添付されています
    1-1 エラーになったメール自体
    1-2 対応手順が記載されたメール
         件名:confirm ランダム文字列
         From:メーリングリスト名-request@ドメイン

2.上記対応手順が記載された1-2のメールに返信をする。
3.以下メールが管理者宛てに届く事を確認します。
   件名:メールコマンドの結果
   From:メーリングリスト名-bounces@ドメイン

本文に「結果:確認しました 」とあれば、メールは破棄されています。
エラーになっているメールが複数あれば、全件に対して同様に実施する必要があります。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

15156

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

.*