お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる



サポート インフォメーション

サポート インフォメーション

2004年09月24日 15時34分更新

前のページに戻る

NTTドコモ社の迷惑メール対策によるiモードメール送信への影響について

平素はOCNサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

docomo.ne.jp宛のメール送信につきまして、遅延や配送ができない事象が度々発生しております。

本事象につきましては、NTTドコモ社の迷惑メール対策強化により、docomo.ne.jpドメイン宛の大量の宛先不明メールをNTTドコモ社設備で検知した場合、その宛先不明メールの送信元メールサーバを一時的に受信制限(受信ブロック)を行う対策を行っているために発生しております。

主な原因は次の通りです。

1.OCNネットワーク外からのocn.ne.jp宛の宛先不明メールのエラー時の返送先が宛先の存在しないdocomo.ne.jpになっている。

2.Mail ON でのdocomo.ne.jp宛のメール転送先が、現行維持されていないもしくはドメイン指定受信対象とされていない。

<対策>

 携帯電話アドレスへのメール転送設定を実施されているお客様に対し、適切なメールアドレスが設定されているか否かの確認を定期的に行わせていただきます。

3.一部の契約者よりdocomo.ne.jp宛へ大量の無作為なメール送信が行われ、宛先不明となっている。

<対策>

 従来どおり「IP通信網サービス契約約款 第96条別記4の2 IP通信網サービスにおける禁止事項」に抵触する場合、利用停止、契約解除を行わせて頂きます。

現在、この受信制限回避に向け、NTTドコモ社と協力して宛先不明メール撲滅に向けた対策の実施を進めております。

今しばらくお待ち頂きます様、よろしくお願いいたします。

また、OCNでは迷惑メールに対する対処について、以下のような取り組みを行っております。

 【リンク】迷惑メールに対するOCNの対処について

      ( http://www.ocn.ne.jp/info/rules/spam/ )

お客さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

このページのトップへ

^/maintenance/info/detail.* .*