お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる



サポート インフォメーション

サポート インフォメーション

2002年05月24日 23時13分更新

前のページに戻る

SQL Serverを攻撃するSQLSPIDAワームに関する情報(SQLサーバ管理者の方へ)

最新情報:

Microsoft SQL Serverに対する攻撃を行うワームの存在が確認されています。(SQLSPIDA等と呼ばれています。)

 

このワームは、SQL Serverに対して、TCP1433ポートから、saアカウントを使用して侵入を試み、感染活動を行います。 感染した場合、Webトラフィックの増加、パスワードやSQLサーバーのデータ情報を含むメールの外部への送信、saパスワードの勝手な変更などの被害が発生するようです。

 

Microsoft SQL Serverをお使いのお使いの方は、下記ホームページ等をご覧いただき、影響を受ける恐れのある製品、対策等をご確認の上、早急に対処されることをお勧めします。

 

マイクロソフト株式会社

SQL Serverを標的としたSQLSPIDA ワームに関する情報

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/virus/sqlspida.asp

 

株式会社シマンテック

http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/d/digispid.b.worm.html

このページのトップへ

^/maintenance/info/detail.* .*