お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Enterprise DaaS(サーバーOSタイプ) リモートアクセス(MagicConnect)」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

よくあるご質問

【Enterprise DaaS(サーバーOSタイプ) リモートアクセス(MagicConnect)】のよくあるご質問を一覧でご案内しております。

1~10件目/75件

1-01.Biz Communicator(MagicConnect)の対応OSを教えてください。

ご利用環境をご確認ください。詳細は「続きを見る」をクリックしてください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

10157
3-22. 「SSLセキュリティ証明書に問題があるため、通信を切断します」が表示され接続できません。

2016年6月より継続的に、郵送及びメールにてお伝えしておりました
暗号化通信方式変更に伴うサーバ証明書の切り替えを、2016年11月の過日に実施しました。
切り替えに伴い、ビューア及びクライアントのプログラムが、【バージョン3.1以前】の場合、
接続できなくなり、 「SSLセキュリティ証明書に問題があるため、通信を切断します」
というメッセージが出力されます。
以下に続く手順に従いアップデートしていただければ、接続可能となります。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

11444
3-20.接続時に認証エラーが発生した場合の対処方法は

Biz Communicatorの接続時に、ユーザ名またはパスワードが間違っている場合、許可されていない端末から接続している場合、認証エラーのメッセージが表示されます。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

10218
3-21. Windows 10にアップグレードして接続できなくなりました。

対象機器(操作をされる側)のOSをWindows 10にアップグレードした場合に、マジックコネクトによるリモートデスクトップ接続ができなくなる事象が、一部の環境で報告されています。
Windows 7 や 8 から Windows 10 へ アップグレードした環境で、アップグレード時に「設定を引き継ぐ」を選ばなかった場合に発生します。(アップグレード時のデフォルトは「設定を引き継ぐ」のため、アップグレード作業をそのまま進めた場合は、発生しません)

また、アップグレードではないWindows 10環境を対象機器として利用する場合も発生します。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

11222
5-13. 文字やアイコンが小さく表示され使いにくいです。

Surfaceなど、高精細なディスプレイの手元端末では、マジックコネクト利用時に文字やアイコンが小さく表示される場合があります。

下記の対処方法をご覧ください。

続きを見る

3-17. リモートデスクトップ接続ができませんが、原因を切り分けることは可能ですか。

Windows標準機能である、「リモートデスクトップ機能」に問題がないか、まずは確認してください。

リモートデスクトップ機能の確認は、以下の手順で確認できます。
(同一LAN上に、操作端末と対象機器を用意してください)
1) 操作端末より、Windowsのスタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
2) 「mstsc.exe」と入力し、OKボタンをクリックします。

※見つからない場合は、ファイル検索でPC内を探してください。

3) 対象機器(操作される側)のローカルIPアドレスを入力し、「接続」をクリックします。
4) 対象機器(操作される側)のログオン画面が表示されますので、対象機器側のWindows ログオン時のユーザー名とパスワードを入力し、OKをクリックします。

本確認でリモートデスクトップ接続が出来ない場合は、お客様環境に原因がある可能性が高いため、ご利用環境の再確認をお願いいたします。

※Windows標準のリモートデスクトップ機能がご利用になれませんと、リモートデスクトップ「Biz Communicator」のリモートアクセス機能はご利用になれません。

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

10205
3-16. リモートデスクトップ接続しようとすると、「接続ファイルを開くことができません」のエラーが表示され、接続できません。

接続先のホスト名、IPアドレスが表示されているのに、接続先を選択して接続をクリックすると、リモートデスクトップ接続エラー画面「接続ファイルを開くことができません」が表示された場合、以下の原因が考えられます。

(原因および対処)
1) USBキーのドライブ番号よりも、ネットワークドライブに若いドライブ番号が割り当てられている
【対処】
ネットワークドライブに、USBキーのドライブ番号よりも後方の番号を割り当ててご利用ください

※USBキーを挿入すると、読み取り専用のドライブ、書き込み可能なドライブの2つのドライブが検出されます


2) ご利用のパソコンで、USBへの書き出しを禁止している制御ソフト(例:秘文)がインストールされている
(USBへの書き出しを禁止しているソフトが、実際には書き込みがなくてもread / writeモードでのファイルオープンを阻止している)
【対処】
USBへの書き込みを「許可」の状態でご利用ください

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

10204
2-11. Surfaceのキーがキーボードの表記通りに表示されません

手元端末(Surface)で利用しているキーボードが、英語キーボードと誤認識されている可能性があります。[キーボード デバイス] のドライバー ソフトウェアを更新してください。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

11879
2-10. 社員が利用しているMagicConnect Clientを一斉にアップデートできますか?

ソフトウェア資産管理システムによる集中管理を導入済みの環境であれば、管理者による一斉アップデートが可能です。

続きを見る

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

11225
5-12. 用語の定義について教えてください。

次の用語について説明します。

・アプリタイプ:2012年4月17日より提供のスマートフォン、タブレット向けのアプリケーションタイプのもの。

・対象機器:操作される側のPC。MagicConnect Clientを起動・接続待機状態にしておく必要があります。

・操作PC:操作する側のPC。外出先のPC上でMagicConnect Viewerを起動し、対象機器に接続します。

・中継管理サーバ:対象機器と操作PCが接続できるよう、中継するための装置。

・指紋認証タイプ:2010/10/27より提供のUSBキーで、指紋による認証が可能なタイプ
(認証後は、メモリ領域へのデータの書き込みが可能)

・MC Assist:指紋認証専用アプリ。ID/PWDの都度入力を省略し、指紋認証のみとすることができます。

・MC3型(メモリ):2009/08/24より提供のUSBキーで、メモリ領域へのデータ書き込みが可能なタイプ

・MC3型(RO):2009/08/24より提供のUSBキーで、メモリ領域へのデータ書込みが不可のタイプ(リードオンリータイプ)

この内容のページへ

この質問・回答は・・・

お問い合わせ

10255

お客さまサポートへのご意見、ご要望をお聞かせください。
お客さまからの声を大切にし、改善に努めてまいります。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、お問い合わせページをご利用ください。

ご回答有難うございました

お客さまの貴重なご意見をもとに、より使いやすく、便利なよくあるご質問の提供に努めさせていただきます。
今後ともNTTコミュニケーションズをよろしくお願いいたします。

閉じる

このページのトップへ

.*