お客さま
サポート

検索

閉じる

マイサポート

閉じる

  • ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「Enterprise DaaS(サーバーOSタイプ)」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

このサービスのお知らせ

【Enterprise DaaS(サーバーOSタイプ)】に関するサポートのお知らせです。

2018年01月24日 16時42分更新

前のページに戻る

Enterprise DaaS(サーバーOSタイプ / サーバーOSタイプ 2)におけるCPU脆弱性への対応について

平素より、Enterprise DaaS(サーバーOSタイプ / サーバーOSタイプ 2)サービスを
ご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2018年1月3日に公開された、CPUに関する脆弱性(CVE-2017-5754(Meltdown)、
CVE-2017-5715およびCVE-2017-5753(Spectre))の対応についてお知らせします。
本脆弱性により、システムのメモリ上の情報を外部から読み取られる可能性が
あることが報告されています。

■対応方法について
本脆弱性に関して、サービス基盤の対応(1)とお客様OSの対応(2)が必要です。
(2)につきましては、お客様にて、実施いただく内容となります。

1.サービス基盤の対応
・CVE-2017-5754(Meltdown)
サービス基盤の対応は対策済です。
・CVE-2017-5715およびCVE-2017-5753(Spectre)
サービス基盤の対応が必要である旨の確認を行いました。引き続き、ベンダと
連携しながら調査・検証を進めております。
対策に当たり、お客様のリソースに影響が生じる場合は事前にご連絡いたします。

2.OSの対応
・ご利用中のWindows OSについてマイクロソフト社から提供されているパッチの
適用を推奨します。
・ウィルスバスターを利用している場合は、以下のトレンドマイクロ社のHPを
ご確認の上、レジストリキーを追加する対応を実施して下さい。

(ウィルスバスター)
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1119190.aspx

(Office Scan)
  https://success.trendmicro.com/solution/1119183



具体的な設定等については、下記のURL内の参考情報をご参照ください。
<Microsoft>
https://support.microsoft.com/en-us/help/4072698/windows-server-guidance-to-protect-against-the-speculative-execution


早めのご対応をお願い申し上げます。

 

このページのトップへ

.*