• ゲスト様ようこそ
  • ログイン
  • 新規登録
  • ヘルプ
  • 「050 plus for Biz/050 plus W-mode」をマイサポートに登録します。

    • 登録する
    • キャンセル

モバイル音声サービス_利用者ポータル_転送機能

対象
サービス

  • 050_plus_for_Biz
  • 050_plus_W-mode
  • 管理者
  • 利用者

転送設定 - ダイヤル設定(Android・iPhone共通)

転送機能を利用する

転送機能の設定方法を説明します。

  • Android

    Android端末画面 → Android端末画面

    050 plus for BizアプリからIP電話モードで142をダイヤルします。
    通話中に画面左下の[キーパッド]ボタンをタップすると、キーパッドが表示されます。

    ガイダンスに沿って、転送サービスの設定や、転送先番号を入力します。

  •  
  • iPhone

    iPhone端末画面 → iPhone端末画面

    050 plus for BizアプリからIP電話モードで142をダイヤルします。
    通話中に[ダイヤル]ボタンをタップすると、キーパッドが表示されます。

    ガイダンスに沿って、転送サービスの設定や、転送先番号を入力します。

以上がガイダンスで転送設定をする際の共通的な操作フローになります。
ガイダンスなしで設定する場合も、上記と同様に050 plus for BizアプリからIP電話モードで発信してください。

ガイダンスを利用して設定

転送先電話番号の登録は以下の手順になります(手順に沿って操作すると、それぞれ次のガイダンスが流れます)。

転送先電話番号の登録、変更

1

「142」をダイヤル

ガイダンス

転送サービスの設定を行います。サービスの停止は数字の「0」、転送モードの指定とサービスの開始は数字の「1」、転送先の登録は数字の「2」、リモコン設定は数字の「3」、利用状況確認は数字の「8」、終了する場合は数字の「9」を押してください。

2

「2」をダイヤル

ガイダンス

転送先の電話番号の登録を行います。転送先の電話番号を押して、最後に「#」を押してください。

3

転送先の電話番号を入力して、最後に「#」を押してください。

ガイダンス

転送先をxxxxxxxxxx に設定しました。続けて転送モードの登録とサービスの開始を行う場合は数字の「1」を、トップメニューにもどる場合は数字の「2」を、終了する場合は数字の「9」を押してください。

※一般電話の場合は市外局番から、内線番号の場合は拠点番号から登録してください。携帯電話、PHSも登録できます。国際電話は設定できません。

4

「9」をダイヤルし終了

転送の開始・モードの指定

1

「142」をダイヤル

ガイダンス

転送サービスの設定を行います。サービスの停止は数字の「0」、転送モードの指定とサービスの開始は数字の「1」、転送先の登録は数字の「2」、リモコン設定は数字の「3」、利用状況確認は数字の「8」、終了する場合は数字の「9」を押してください。

2

「1」をダイヤル

ガイダンス

転送モードの指定とサービスの開始を行います。無条件転送は数字の「1」、圏外転送は数字の「2」、話中転送は数字の「3」、話中・圏外転送する場合は数字の「4」、無応答転送は数字の「5」、話中・圏外・無応答転送は数字の「6」、圏外・無応答転送は数字の「7」、話中・無応答転送は数字の「8」を押してください。

3

転送モードを指定します。
利用する転送モードに応じてダイヤルします。

ダイヤル番号 転送モード ガイダンス
「1」 無条件転送 無条件転送サービスを開始しました。留守番機能は無効になります。(以降、共通ガイダンス)
「2」 圏外転送 圏外で転送サービスを開始しました。(以降、共通ガイダンス)
「3」 話中転送 話中で転送サービスを開始しました。(以降、共通ガイダンス)
「4」 話中+圏外転送 話中・圏外で転送サービスを開始しました。(以降、共通ガイダンス)
「5」 無応答転送 呼び出し秒数の指定を行います。5から30までのいずれかの数字を押して、最後に#を押してください。
⇒「5~30」(呼び出し秒数)+「#」をダイヤル
無応答で転送サービスを開始しました。呼び出し時間は[xx]秒です。(以降、共通ガイダンス)
「6」 話中+圏外+無応答転送 「呼び出し秒数の指定を行います。5から30までのいずれかの数字を押して、最後に#を押してください。」
⇒「5~30」(呼び出し秒数)+「#」をダイヤル
話中・圏外・無応答で転送サービスを開始しました。呼び出し時間はxx秒です。(以降、共通ガイダンス)
「7」 圏外+無応答転送 「呼び出し秒数の指定を行います。5から30までのいずれかの数字を押して、最後に#を押してください。」
⇒「5~30」(呼び出し秒数)+「#」をダイヤル
圏外・無応答で転送サービスを開始しました。呼び出し時間はxx秒です。(以降、共通ガイダンス)
「8」 話中+無応答転送 「呼び出し秒数の指定を行います。5から30までのいずれかの数字を押して、最後に#を押してください。」
⇒「5~30」(呼び出し秒数)+「#」をダイヤル
話中・無応答で転送サービスを開始しました。呼び出し時間はxx秒です。(以降、共通ガイダンス)
共通ガイダンス

続けて転送先電話番号の変更を行う場合は数字の「1」を、トップメニューにもどる場合は数字の「2」を、終了する場合は数字の「9」を押してください。

4

「9」をダイヤルし終了

転送設定の確認

転送の設定内容(開始、停止、モードなど)を確認するには以下の手順になります。
(手順に沿って操作すると、それぞれ以下のガイダンスが流れます)

1

「142」をダイヤル

ガイダンス

転送サービスの設定を行います。サービスの停止は数字の「0」、転送モードの指定とサービスの開始は数字の「1」、転送先の登録は数字の「2」、リモコン設定は数字の「3」、利用状況確認は数字の「8」、終了する場合は数字の「9」を押してください。

2

「8」をダイヤル

状態:転送を開始している場合

ガイダンス

1:現在、サービスは開始中です。
2:転送モードは、○○です。
3:(無応答転送のみ)呼び出し時間はxx秒です。
4:転送先は、xxxxxxxxxxです。

状態:転送を停止している場合

ガイダンス

現在、サービスは停止中です。

転送設定の停止

転送を停止するには、以下の手順になります(手順に沿って操作すると、それぞれ次のガイダンスが流れます)。

1

「142」をダイヤル

ガイダンス

転送サービスの設定を行います。サービスの停止は数字の「0」、転送モードの指定とサービスの開始は数字の「1」、転送先の登録は数字の「2」、リモコン設定は数字の「3」、利用状況確認は数字の「8」、終了の場合は数字の「9」を押してください。

2

「0」をダイヤル

ガイダンス

サービスを停止いたしました。

ガイダンスなしで設定

ガイダンスを省略して転送設定を行う場合は、下の表のダイヤル番号をタップ、またはSIPカスコン設定機能を行ってください。

機能 内容 操作(ダイヤル番号)
転送先番号登録 転送先番号を登録します。 1422+転送先電話番号
無条件転送 全ての着信呼を転送します。 14211
圏外転送 圏外・電源OFFの場合に転送します。 14212
話中転送 通話中に転送します。 14213
話中+圏外転送 通話中・圏外・電源OFFの場合に転送します。 14214
無応答転送 一定時間(5~30秒)応答しない場合に転送します。 14215+呼出秒数「5~30」
話中+圏外+無応答転送 通話中・圏外・電源OFF、一定時間(5~30秒)応答しない場合には転送します。 14216+呼出秒数「5~30」
圏外+無応答転送 圏外・電源OFF、一定時間(5~30秒)応答しない場合には転送します。 14217+呼出秒数「5~30」
話中+無応答転送 通話中、一定時間(5~30秒)応答しない場合に転送します。 14218+呼出秒数「5~30」
転送設定確認 転送設定を確認します。 1428
転送停止 各種転送を停止します。 1420

このページのトップへ

.*